""

初恋の悪魔(ドラマ第1話)林遣都の推理は・・・?

初恋の悪魔

捜査権のない刑事が登場?

鈴之介は隣の家の男をジッと覗き込んでいました。総務課職員の悠日は警察病院に挨拶に挨拶にきていました。刑事の木口知基と服部渚に挨拶に来た悠日は、警察官でもなく警察署のなかの事務員という立場です。

 

悠日は病院に入院していた少年が飛び降り自殺した話を聞きます。署長の雪松は悠日を呼び出して、鈴之介の話を始めました。悠日の兄を殺した男がウチの署にいて、鈴之介が怪しいのではと睨んでいました。

 

果たして、鈴之介という男は何者なんだろう・・・?

 

悠日は雪松に言われた通りに鈴之介の家にやってきます。鈴之介は犯罪には二種類あって美しい犯罪と醜い犯罪が世界にはあると語ります。

 

鈴之介はハンニバル・レクターのような凶悪な犯罪者と対決することを夢見て刑事になったが日本には凶悪な犯罪者がいないと嘆いていました。

 

かなりヤバイ性格の人物だよね、鈴之介はって・・・。

一方、小鳥琉夏は名前を間違えられると返事をしない変人です。病院から飛び降りた少年の新は病気を苦に自殺したのではないかとの結論に至ります。

 

小鳥琉夏は植物とはいずれ会話できるようになると渚に淡々と語ります。琉夏は渚に話しかけられたことが嬉しかったがどう喜ばせていいかわからなかったのです。新の飛び降り事件を解決させて渚に手柄を立てさせてやりたいと悠日に語ります。

 

琉夏はかなりの変人だね、警察の中でも浮いてるし・・・。

 

悠日は殺人事件を解決する力がないと琉夏に話します。そこで、悠日は鈴之介に事件の相談に琉夏と伺いました。悠日は事件の経緯を鈴之介に話します。死んだ新の同室の少年が担当医が新を殺害したのではと証言しています。

 

鈴之介は担当医が窓に絵を飾っていることに目をつけました。その担当医は窓を見ると人を突き落としたくなるシリアルキラーだと鈴之介は推理を話しました。

 

琉夏は鈴之介のことを殺人鬼だと怯えて逃げ出しました。勘違いするのも無理ないですよね、鈴之介は凶悪犯を見ると人が変わったように饒舌になるから。

 

 

少年飛び降り事件の捜査開始!

証言した少年・大希の容体が急変して彼が疑っている担当医の堂島が手術することになったと慌てて報告してきた渚でした。しかし、他の刑事たちは少年は病気を苦にした自殺だという意見を変えません。

 

琉夏は渚のために事件を解決すると決心します。その頃、生活安全課の摘木星砂は資料室に潜り込んで少年の飛び降り事件の資料を探していました。

 

そこへ琉夏と悠日もやってきて一緒に事件の捜査を開始しました。星砂は元医師の小洗杏月に新のカルテを見せて新の病気が治りかけていたことを知ります。

 

病気が治りかけていたのに自殺っておかしくない?

 

悠日は琉夏、星砂を連れて事件の推理を始めました。鈴之介は事件の最適化を測るために第3の目を持つことが大事だと告げます。

 

悠日は花火が見たくて窓から身を乗り出したのではと推理したが、琉夏はだったらなぜ大希はなぜ堂島が新を突き落としたと証言したと矛盾をつきます。

 

悠日は堂島にはアリバイがあって、別館で患者と話をしていたと鈴之介たちに話します。琉夏は病院ぐるみで事件を隠蔽したのではと推理をしたが堂島のアリバイは強固なものだとわかりこの推理は破綻しました。

 

新が花と話せると言っていたのは彼が向かいの少女に恋心を抱いたのではないかと推理します。星砂は好きな子が亡くなって新は自殺したと鈴之介に話します。鈴之介たちは大希が証言したのは前日のことだということが発覚して驚きました。

 

新が飛び降りた前日、堂島は有名人の手術を優先させて新の好きだった少女を死なせてしまいます。新は好きな子が亡くなったことを苦に自殺したと星砂は話します。鈴之介は好きな人が亡くなったからってなぜ死ぬ必要があると言って反論しました。

 

鈴之介は誰かを好きになったことがないんだね。

 

琉夏は渚に事件の真相を書いた手紙を見せて事件は解決しましたが、全部知基の手柄になりました。悠日は鈴之介が悪い人だとは思えないと雪松に話します。

 

雪松は鈴之介じゃなかったら誰が悠日の兄を殺したんだと疑問に思っていました。鈴之介は星砂のことをいつも考えてしまうと悠日に相談します。

 

雪松は悠日が兄を殺したのではないかと疑い、自分が犯人でないと証明したいなら真犯人を見つけろと迫ります。一方、星砂は明らかに自分のものではないハイヒールを持って帰り、「いい加減にしろ、悪魔め…」と呟きます。

 

第2話の考察・次なる事件は?

鈴之介たちが対する次なる事件はなんなのか、ここで考察したいと思います。予告で、鈴之介がハサミが好きだと言っていましたが、ハサミが次の事件に関係するのではないでしょうか?

 

鈴之介は恋なんて必要ないと悠日に必死に訴えていて、星砂のことが好きなのかどうかわからずに悩んでいます。鈴之介と星砂の恋の行方も気になりますね。

 

そして、雪松は悠日の兄・馬淵朝陽を殺したのは悠日だと疑っていましたが本当に悠日が殺したのか?馬淵朝陽の事件のことも第2話で何か明らかになるのでしょうか?第2話も見逃せません!

 


 

第1話のみんなの感想

第1話のあらすじ

とある病院に長期間に渡り入院していた少年・新が病院の中庭で遺体となって発見されました。飛び降り自殺かと思われたが、新と同じ病室にいた入院患者である大希が事情聴取の中で新は担当の医師の堂島に殺害されたとの証言をします。その後、大希は病状が悪化して危篤状態になってしまいます。新の死は、医師による殺人の可能性も出てきました。境川警察署の総務課職員である悠日は署長の雪松からある失敗をして停職処分になった刑事の鈴之介の監視を命じられます。刑事だった悠日の兄は捜査中の事故で殉職してしまったが雪松は鈴之介が兄の死に関わっているのではないかと告げます。思いがけない命令に戸惑う悠日でしたが・・・。

登場人物とキャスト

鹿浜鈴之介役/林遣都
馬淵悠日役/仲野太賀
摘木星砂役/松岡茉優
小鳥琉夏役/柄本佑
服部渚役/佐久間由衣
木口知基役/味方良介
雪松鳴人役/伊藤英明
尾白詠子役/瀬戸カトリーヌ
出口玲雄役/西山潤
馬淵朝陽役/毎熊克哉
森園真澄役/安田顕
小洗杏月役/田中裕子
野上千尋役/萩原みのり

 

タイトルとURLをコピーしました