""

初恋の悪魔(第7話)みんなの感想

初恋の悪魔

第7話のあらすじ

鈴之介(林遣都)の家で星砂(松岡茉優)と再会した悠日(仲野太賀)は、彼女の無事を喜ぶ。しかし、悠日に対して警戒心をあらわにする星砂。別人格の星砂なのだと察し、複雑な気持ちを抱く悠日。そんな中、殺人事件が発生する。被害者は、大学生の望月蓮。遺体は水に濡れていて無数の刺し傷があり、靴を履いていなかった。その手口は、森園が裁判を担当した5年前の事件と、朝陽(毎熊克哉)がリサ(満島ひかり)を逮捕した3年前の事件とそっくりだった。森園(安田顕)は、今回の事件が5年前、3年前の事件に続く連続殺人の“第3の事件”だと鈴之介に詰め寄る。星砂も、ここで真犯人を見つければリサの無実が証明できると意気込む。鈴之介は森園と星砂の勢いに押され、3人で捜査をすることに。一方、悠日は、雪松(伊藤英明)を殴ってしまったことで自宅謹慎を命じられる。琉夏(柄本佑)は、恋人も職も失いそうなそんな悠日を心配し慰める。悠日は琉夏に、星砂が自分のところに帰ってくるのを信じていると告げる。鈴之介たちが捜査を進めるうち、望月の恋人だった大学生・桐生菜々美が容疑者として浮上。菜々美は、望月の死亡推定時刻にひとりカラオケをしていて、その途中でカラオケ店に居合わせた同じテニスサークルの仲間たちと話をしたとアリバイを主張するが・・・<参照元 : 『初恋の悪魔』公式ホームページより>


 

5年前の事件を解決できる?

記憶のない星砂は悠日を見て逃げます。別人格の星砂は悠日のことを覚えてないんです。琉夏は悠日と星砂が付き合っていることを知っていて星砂に詰め寄りますが鈴之介が止めます。

 

琉夏だけが星砂が二重人格だと知らないんですよね。鈴之介の携帯に電話があって、遺体が発見されたとの報告がありました。

 

この事件も五年前の事件と関わりがあるのでしょうか?

 

森園は今回発見された遺体が五年前の殺人事件と同一の犯人が殺害したのではないかと鈴之介に話します。リサは無罪だったんですね、森園の依頼人も無罪ではないかと言うし、この事件の犯人を捕まえることで救われる人は多いようです。

 

悠日は琉夏に膝枕してもらってるけど、寝心地はどうなんでしょう。琉夏は悠日に星砂と鈴之介は完全にできてると不安を煽るようなことを言います。

 

琉夏は悠日のことからかっているような気がします。

人は記憶でできている、そう言う側面もあるかもしれません。思い出が人を作るのは一概にあるかもしれないですね。鈴之介は被害者が撮っていたSNSの動画を見てネイルの違いに気づきました。

 

このネイルが事件解決に役立つのでしょうか。

 

 

鈴之介は被害者の彼女だった菜々美は一人カラオケをしていたと証言したがアリバイはありません。森園は菜々美は真犯人にはめられていると鈴之介に言います。今回の事件は五年前の犯人の仕業なんでしょうか、それとも菜々美が殺したのでしょうか、謎は深まります。

 

悠日は小洗に星砂は星砂じゃないと告げます。二重人格って言われても信じてもらえないですよね。悠日は星砂のことを心配しています、よっぽど好きなんですね。

 

悠日は鈴之介の家を訪ねて別人格の星砂と話します。悠日は朝陽のスマホのことを星砂に尋ねます。星砂は朝陽がリサのことを疑ったことをいまだに恨んでいます。

 

もう星砂は元に戻ることはないのでしょうか?

悠日は星砂のスカジャンを持って星砂のことを思い出しているのでしょうね。雪松は菜々美を最重要容疑者だと認定しているようです。菜々美の部屋のベランダから凶器が出ました、これで彼女が犯人だと確定したようなものです。

 

琉夏は星砂を悠日の元に返してほしいとお願いしますが、鈴之介は星砂には星砂の意思があると話します。琉夏と鈴之介は険悪な雰囲気です。鈴之介は事件の日に一人カラオケに行っていたと証言しました。

 

菜々美は大学のテニスサークルで知り合った男たちと再会しました。この男子大学生は菜々美と会ってはいないと証言してますが、菜々美とこの大学生、どっちの言うことが正しいんでしょう。

 

菜々美はカラオケでSNS用の動画を撮っていましたけど、これが証拠にはならないんですかね。

 

大学生が嘘をついたのは何か隠す理由があると考えた鈴之介でした。鈴之介は大学生が通っている大学にラクロス部がありそのサイトに女子高生と酒を飲んでいる動画が映っていました。それを隠すために菜々美に会っていないと嘘の証言をしました。

 

真犯人が被害者を語ってメールを送って菜々美を犯人に仕立て上げました。この事件の犯人は随分狡猾な人物のようですね。悠日は星砂に告白しますけど、星砂ではないから星砂にこの想いが届くことはありません。寂しいですね。

 

鈴之介は星砂をかばいますけど、鈴之介は星砂の中のもう一人の人格に惚れてしまったのでしょうか?

 


 

菜々美は事件の犯人?

悠日は小洗から星砂の手紙を渡されて星砂が書いた自分との思い出を読んで泣きました。星砂が現実世界に戻ってこれなくても悠日はちゃんと覚えています。雪松はある女性に電話をして泣きながら「すべて終わった」と報告しました。雪松のこの言葉は何を意味しているのでしょうか?

第8話の考察・最終章突入

第8話では、鈴之介たちが追っていた事件に急展開が訪れます。星砂の記憶は戻るのか、鈴之介と悠日の恋の行方はいかに?果たして菜々美は無実なのか、五年前の事件の謎も徐々に明らかになりそうです。第8話もお見逃しなく!

 

登場人物とキャスト一覧

鹿浜鈴之介役/林遣都
馬淵悠日役/仲野太賀
摘木星砂役/松岡茉優
小鳥琉夏役/柄本佑
服部渚役/佐久間由衣
木口知基役/味方良介
雪松鳴人役/伊藤英明
尾白詠子役/瀬戸カトリーヌ
出口玲雄役/西山潤
馬淵朝陽役/毎熊克哉
森園真澄役/安田顕
小洗杏月役/田中裕子
野上千尋役/萩原みの

 

タイトルとURLをコピーしました