""

石子と羽男(ドラマ)有村架純と中村倫也、著作権を守れ!

石子と羽男

著作権は守られるの?

まず映画監督を目指しつつも普通に暮らしていた青年・山田遼平の元にいきなり警察が現れるシーンが衝撃的ですね。

 

でもこれは誰もに起こりうることで、時々警察から一斉に不正なダウンロード者を検挙する様な動きがあって記事になり世の中に認知されてきてはいますがまだまだ浸透しきっているとは考えにくいです。

 

特に今回の遼平は収益を得てる訳でもなく、何で?と良い大人だったら分かりますがもしかしたら若い人だと本当に共感する人もいるのではないかな。

 

誰かの作品を勝手にアップロードしたりダウンロードする事は捕まる可能性があるよと声に出して言いたい!

 

で、裁判でもそうですが終盤まで開き直った態度だったのは何かリアリティがあります。弁護を受けたからには彼を助けなければいけないですが、本人が反省しなければどうしようもないですからね。何度話しても度々手を焼く羽男の姿が印象的でした。

 

 

なぜ弁護士を目指すの?

突如として現れた羽男の姉である優乃と、家族で食事するシーンは何だかこちらまで息が詰まる雰囲気でした。父親は羽男の事を決して軽んじたりする訳ではなくむしろ褒めちぎるのは良いですが、そうじゃないよと弁解するのに聞いてくれないところが何か怖かったです。

 

息子の言葉に耳を傾けないと、そう言う少し空虚な親子関係だなと感じるところだね。

 

優乃はサバサバ系で、家族の事も羽男の事も冷静に見てる感じです。またそんな羽男がいつも小競り合いする石子の弁護士を目指す理由に興味を持ち始めたところはある意味2人が絆を深める転換点だなと思いました。

 

石子は頑固なところはありますが、素直に父親の事をどこか尊敬していて目指し始めたと言ったところが可愛くて好感が持てるね。

 

そんな彼女に羽男も何だか心地良く聞いてる感じがして良かったです。綿郎もまた、石子の気持ちを最大限尊重しつつ今できる最大のアドバイスをしてるところが親子の愛を感じるところですね。2人を対照的に描くのがこれからの羽男の課題を感じさせました。

 

作品は作った人のもの!

羽男がどんなに説得したり正論を突きつけても全く反省の色を見せない遼平。しかし尊敬する山田監督の言葉となるとまるで違う対応となるのがそれだけ彼が山田監督を敬っているのかとわかりやすいところでした。

 

今回捕まった動機もそれですし、やはりもう少し何故違法にアップロードしたら捕まるのかを深く考えて欲しかったね。

 

山田監督からの話で、私財も投げ打ち俳優さん達にも格安で出演してもらい何年もかけてそれでも映画を作りたいと。そんな事務所が違法アップロードで本来お金払って観るはずのお客さんのお金が入って来なくなればどうなるかはお察しです。

 

最後に遼平が土下座しても、全く受け入れない姿勢でただただ勘弁してくれと言わんばかりの山田監督の寂しそうな背中はこちらまで泣きそうになっちゃった。

 

あげる方は気軽にネットに晒しますが傷つけられる者もいると言う事を分かって欲しいですね。また最後に言及してましたが、コメント欄でも傷つけ合いがあったりいつまでもネットから消えないと言うのは死ぬまで地獄と言う事ですね。怖い世界です。

 


 

みんなの感想

青木和子
@kakopeeフォローする
第3話はこれまでとなんか違いましたね。 誰もHappyにはならないラストも 用意されてるんですね。 これまた面白いと思いました。 羽男さんのお父さんとお姉さんとの関係性、トラウマのルーツが明かされていくのかな? 部屋で石子との電話のシーンも好き 羽男さんのよろしくお願いしますの言い方がツボ
午後3:43 · 2022年7月30日
はるぽん
@harupon23po24フォローする
お知らせありがとうございます。 毎回身近な題材だけに考えさせられる事も多くためになっております。 次回の案件も子供を持つ身としては、気をつけなければならない事ですし 毎話の台詞の中には、人と人との ふとした関わり方や自分自身の考え方 ちょっとした事柄に『ドキッと』させられています。
午後0:14 · 2022年7月30日
miraiine
@miraiinentフォローする
今回は改めてネットの怖さを知れました。このコメントを書いてる時でさえ誰かを傷つけていまいかとちょっと怖いくらいですホラーよりホラーいろんな角度立場からこの問題を考えられたのもとても良かったです!!ありがとうございました!!次回も楽しみです!!
午前6:16 · 2022年7月30日

第3話のあらすじ

今や誰もがネットを扱う時代。そんななかで流行っている動画投稿サイトですが、誰もが気軽に観たいところ。しかし素人が作ったものでなく、映画や音楽にドラマなどプロが作ったものは彼らの尊厳や収入などを守る為でもある著作権が存在します。いいモノをわかりやすくみんなに伝えて作品を教えたいと言う遼平が今回の相手です。石子と羽男は罪の意識を感じてないところから彼の対応に苦労していました。当のアップロードされてしまった山田監督の著作権も守りたい・・苦悩する石子と羽男が導き出した結論とは?また2人の過去も垣間見えてきます。

登場人物・キャスト

石田硝子(有村架純)
羽根岡佳男(中村倫也)
大庭蒼生(赤楚衛二)
潮綿郎(さだまさし)
塩崎啓介(おいでやす小田)
山田遼平(井之脇海)
羽根岡優乃(MEGUMI)
趣里、生見愛瑠、じろう(シソンヌ)

 

タイトルとURLをコピーしました