""

石子と羽男(第7話)みんなの感想

石子と羽男

第7話のあらあすじ

石子(有村架純)と羽男(中村倫也)は、停車中のキッチンカーを破損させた人物を捜してほしいという依頼を受け、丸来町の繁華街にやって来た。ここは居場所を求める少年少女が集まる場所。聞き込みをしてもまともに話を聞かない少年たち。石子と羽男は川瀬ひな(片岡凜)と東美冬(小林星蘭)にも話を聞こうとするが無視されてしまう。ドライブレコーダーの映像をもとに聞き込みをした結果、車を破損したのは少年少女たちのカリスマ的存在で「K」と呼ばれている人物だとわかる。そんな中、羽男に「助けて!」とひなから電話があり……。少女たちに隠された秘密とは?参照元:「石子と羽男」HPより

 

 

石子羽男はどう力になれる?

自転車に乗りながらお店の看板にぶつかりいきなりトラブルの羽男。弁護士がトラブル起こしてどうすんだい!と突っ込んでしまいましたが、これが他の事件にも波及するとは予測出来ない冒頭のシーンでした。

 

そこから丸来町と言う所に2人で行く石子と羽男ですが、最初は何も手がかりが掴めません。肩透かしかなと思ったら羽男にある少女から連絡があります。もう1人の少女・美冬が父親からのDV に悩み、逃げ回り階段から落ちて重傷と言うヘビーな展開に。

 

そんな彼女達の拠り所となっていたのはKという存在だけが頼りとの事で、闇が深そうな展開へと変わって行きます。羽男が依頼された男性の車の修理はどうなるのか彼女達とKはどう関係しているのか、また父親との確執が解消できるのか2人に様々な問題が降り掛かってきます。

 

何から手を付けたらいいかという心配なシーンでした。

絡み合う2つの事件

出会った少女・ひなによって美冬が父親からDVされてる事を知った石子と羽男ですが、当の本人は全く取り合う様子はなし。しかしかなりの暴力を受けている事がわかり家を出ていったのが始まり。そこに救いの手であるKに頼る事となりますが、Kがやっていたのは売春の斡旋です。

 

売上のかなりの割合をとられ搾取されていた事が判明し、更に行為の様子も盗撮され脅迫されていたと言う鬼畜ぶり。

 

ここでのひなの落胆している闇を感じるシーンがこんな子達がどこかにいるかもと思わせる見どころ。

 

しかしそのKが死んでしまうと言う事態になり、驚きの状況になりました。ここで美冬がKがよく行く店から映像が入ったデータを取り返そうとしていた事が分かります。その際に外国人男性の車を傷つけてしまったとの事。近寄れなかった美冬の父親に近づく口実が出来ました。

 

ここでニヤニヤ嬉しそうにする石子と羽男の表情が早くやってくれと思わせる良いシーンです。

 


 

少女達を闇から救い出せ

父親と会う事ができた石子と羽男ですが、それでもまだしらばっくれます。裁判まで持ち込んでも車の修理代は払うにしてもDVに繋がる内容は認めません。最後の一手をどうするかと言うところでしたが、ドラレコの映像に美冬についた痣を発見。

 

これが2週間前のものだと証明されれぱ事件は進展するのですが、それは何か。Kに脅迫されていた時の行為中の映像です。同じ時期のこの映像に美冬の痣が見つかれば事件は進展するとの事でした。

 

そしてひなは仲間の男に連絡をするも何と男から脅迫されます。俺がKの代わりだと言いたじろぐひなですが、受話器の向こうには羽男。

 

見事に少年を黙らせデータを奪い返すシーンがカッコ良いですね。

 

そこからの逆転、父親には完全勝利となる為に、最後の仕上げ。一人管を巻いて呑んでいる父親の横にリーマン風の2人組。大庭と塩崎の変装です。鮮やかなトークで子育ての話から父親のDV話を引き出す事に成功となりました。そこに石子と羽男の登場です。

 

怯えて逆らえなかった美冬の母親も味方につけこれで美冬のDVも証明され完全勝利となり、入院して意識のなかった美冬も目を醒ましました。

 

スッキリなシーンですね。

そしてひなと美冬は石子と羽男に御礼を言い、頭を下げます。車の修理代は綿郎が立て替えて自分に返せばいいと言う寛大ぶり。こういう大人がいてもいいと。闇ばかりではないよと少年少女に伝えたいシーンでもあります。

 

登場人物・キャスト

羽根岡佳男(中村倫也)
石田硝子(有村架純)
大庭蒼生(赤楚衛二)
潮綿郎(さだまさし)
塩崎啓介(おいでやす小田)
東美冬(小林星蘭)
川瀬ひな(片岡凛)
東辰久(野間口徹)

 

タイトルとURLをコピーしました