""

石子と羽男(第8話)ユーネクストで視聴

石子と羽男

第8話のあらすじ

潮法律事務所に“隠れ家”を売りにしている創作料理店の店主・香山信彦(梶原善)から、店が知らぬ間にグルメサイトに掲載されてしまい、掲載の取り消しを求めてサイトの運営会社を訴えたいと相談があった。羽男(中村倫也)と石子(有村架純)が運営会社の顧問弁護士を訪ねると、そこには羽男の因縁の相手、丹澤(宮野真守)の姿が! 羽男は掲載の取り消しを求めるが、丹澤はそれを拒否。交渉は決裂する。示談が成立せず裁判で争うことになったため、石子と羽男は裁判に向け店側に有益な情報を集め始める。そんな中、信彦には大喧嘩したまま疎遠になっている息子夫婦・洋(堀井新太)と蘭(小池里奈)がいることがわかり……。参照元:「石子と羽男」HPより

Tweet / Twitter

 


 

良い評価ばかりが良い訳じゃない?!

今回はある小さな飲食店を営む男性・香山からの依頼。グルメサイトに投稿したものを削除して欲しいときますが、通常は不当な悪い評価を消して欲しいとか思ったら高評価にも関わらず削除して欲しいとの事。何故なら隠れ家がコンセプトのお店だから。

 

僅かな常連だけでまわしたいと言う香山に驚かされるシーンです。

 

話を受けた石子と羽男が相対するのはまたも丹澤。削除する理由はないと当然門前払い。やりきれない2人でしたが、香山には海外にいるはずの息子夫婦が実は国内にいる事が判明。早速会いに行く2人が夫婦から話を聞きます。

 

息子の洋が香山と喧嘩しそれっきりですが理由はこのお店の経営。このままではろくに限られた客しか来ず潰れると心配します。しかし絶対に譲らない父に、母は苦労で亡くなってしまいました。

 

複雑な構図に何でなんだと違和感を募らせる展開になリ面白いですね。

書き込んだのは誰か?

息子夫婦の説得もダメ。丹澤に反論できる材料はなしと言ったところで香山の店でバイトしていた女性に会いに行こうと言う展開になります。そこで会った沙月はあっさりと自分が書き込んだと言いました。

 

話は早いと言う石子と羽男ですが、柔らかい雰囲気こそあれ悪気はないから削除する必要はないと沙月突っぱねました。

 

かなり絶望するシーンだね!

 

また洋の妻である蘭の友人でもある沙月。そんななか羽男は大庭から食事に誘われます。恋人となった大庭と石子の雰囲気は悪くなく、塩崎が絶句するのが面白いですね。

 

グルメサイトで高評価のお店でしたが、目をやると何と香山の店に書き込んだ沙月らしき人がこのお店の事も書き込んでました。それを見た羽男は違和感。全ての記憶を引きずり出してある疑念が湧きます。

 

やはりここは、ぐうたらな羽男がカッコいい!

 

 

頑固親父の隠された想い!

石子と羽男は洋と蘭、そして沙月を呼び出します。香山の店の投稿をした人物は2人いると言う驚きの発言に注目するシーンです。聞けば蘭と沙月が共同で考えたハンドルネームで、書き込んだのも2人。洋の想いを受け、蘭が沙月に頼んだというもの。

 

もう愛に溢れすぎてみんな良い人に見えますね。

 

蘭と沙月は書き込み消すと言いますが丹澤は会社の名前の事も考えて引き下がらず。丹澤との裁判へ!しかし悪い書き込みでない事に変わりはなく、やはり裁判で勝つことは出来ませんでした。

 

羽男から、隠れ家のコンセプトを守るのがそんなに悪いことかと訴えるも状況は変わらずほくそ笑む丹澤。最後に石子と羽男に捨て台詞を残して去りますが、コレを機に世論が変わります。傍聴席の多さからして注目度の高いこの案件、何とグルメサイトの運営会社が悪者となり丹澤は逆に会社から責められる事に。

 

羽男に電話を入れた丹澤はとうとう訴えを取り下げて欲しいと依頼。完全勝利の気持ち良いシーンですね。

 

そして店のコンセプトは守られましたが、香山がこだわる理由はなんと妻の言葉。身を粉にして働いていたサラリーマンだった香山を気遣い今度はゆっくり働いてと言う言葉を守っていたのです。

 

こうして親子の絆は守られ香山は少しだけ客を増やしてもいいと言いました。石子は同じく溝があった綿朗と会話。利益度外視の彼でしたが香山の話を受けてかお父さんの好きにやっていいと言います。少しだけ距離の縮んだ石子親子が見ててホロッとくるシーンでした。

 

登場人物・キャスト

羽根岡佳男(中村倫也)
石田硝子(有村架純)
大庭蒼生(赤楚衛二)
潮綿郎(さだまさし)
塩崎啓介(おいでやす小田)
香山信彦(梶原善)
香山洋(堀井新太)
香山蘭(小池里奈)

 

タイトルとURLをコピーしました