""

刑事7人 Season8(第9話)ネタバレ

刑事7人

第9話のあらすじ

広大な屋敷に住む大地主の資産家・篠宮武(陰山 泰)の遺体が、自宅の浴室で発見される。入浴中に、スタンガンを湯舟に投げ込まれたことによる感電死だった。屋敷を調べる天樹悠(東山紀之)ら新専従捜査班メンバーは、防犯カメラのコードが切断されていることなどから、計画的な犯行も視野に入れる。翌朝、静岡県で行われた同窓会に出席し、留守にしていた武の妻・由美(観月ありさ)が遺体安置所に訪れ、夫と無言の再会をはたす。その際に流した涙を、天樹は黙って見つめる。一方、坂下路敏(小瀧望)の聞き込みから、由美の事件当日のアリバイと食い違う事実があることが判明。片桐正敏(吉田鋼太郎)は由美の妖しい魅力に危険を察知し、彼女の身辺の調査を命じるも、天樹はすでに由美の資料の詳細に目を通していて…。〈参照元:TVerより〉

 

 

財産ねらい?男女関係のもつれ?

資産家の屋敷で起こった変死事件。広大な屋敷な割に関係者は限られているため、それぞれが怪しい感じがしました。遺産が入る妻・由美はもちろんのこと、由美と関係を持っていた庭師・財前に容疑がかかります。

 

捜査の中では容疑者としてあがらなかったものの、裏事情を知り尽くしている家政婦・美津子の存在がとても気になりました。

 

誰が犯人であってもおかしくない状況でしたが、真実は篠宮本人が引き起こした自殺というものでした。現場には由美が購入したはずの延長コードやスタンガンが使われていたり、コンセント付近に由美の髪の毛が残されていたりと、容疑が由美に向くように仕向けられていました。

 

状況証拠としては露骨な感じがしますが、由美と財前もまた殺害を計画していたため事件が複雑になっていたのです。財前は遺産を由美からもらうために由美が捕まらないようにしており、由美はそんな財前を利用して罪を被せようとしていました。

 

さらに、由美と財前の計画に気づいた篠宮が2人の動向を利用して、由美に罪を背負ってもらうように偽装して自殺したということでした。非常にややこしい真実ではありますが、結局事件の中心にいた由美は罪には問われない結果となりました。

 

由美自身も「本気で殺すつもりでいたのに、罪に問われないなんて不思議ね」と虚しさを感じていたように、篠宮、財前、由美それぞれが空回りしていたような事件でした。

 

 


 

自殺した篠宮の思惑とは?

篠宮が自分の命をかけてまで由美に罪を着せようとしたのはなぜなのでしょうか?家政婦・美津子の証言によると、由美と財前の関係を篠宮は知っていたようでした。一方的に由美を見初めて結婚した篠宮にとっては許せないことだったのでしょう。

 

しかしそれならば、財前か由美に殺意を向けそうな気がしますが、篠宮は相手の命を奪うのではなく、殺人の罪を着せることを選びました。

 

それで復讐心が晴れるのかと疑問に思うのですが、実は篠宮にはもっと執念深い意図があったのです。

 

由美は篠宮と離婚している間に、彼との子どもを出産していたのですが、篠宮本人には隠していました。子どもの難病治療のため再婚し、費用を工面していたのですが、それさえも篠宮には隠し通していました。

 

そのため、篠宮は由美の行動に違和感を感じ、彼女が何を考えているのか、お金を何に使っているのか、由美の本当の姿がわからないことを思い悩みます。由美の気持ちが自分に向いていないと感じた篠宮は、由美が自分を殺害した犯人として逮捕されることで、自分のために由美に人生を捧げてもらおうと思ったというのです。

 

 

由美を愛するがゆえの自殺ということでしょうか。罪を被せれば、自分のことを考えてくれるという発想が怖い感じがします。

 

結局は自殺であることが判明し、彼の計画は失敗したのですが、そんな篠宮の思いを知ってしまった由美は、きっと篠宮のことを忘れられないことでしょう。そういう意味では、篠宮の思い願った通りの結末だったのかもしれませんね。

 

男を惑わす妖艶な妻に注意!

今回の事件では、とにかく観月ありさ演じる篠宮由美の怪しげな妖艶さが溢れていました。夫を亡くし、悲しみに暮れる姿を見せたかと思えば、開き直ったように淡々と語ったり、必死に本心を告げようとしたりと、相手を惑わすような振る舞いをします。

 

いったいどれが本当の由美の姿なのかと思わされます。篠宮が由美の本当の姿に思い悩む気持ちはわかる気がします。

 

そして、若い庭師の財前と関係を持ってしまうような色気も振りまき、片桐が心配するように、天樹が由美に取り込まれるのではないかと思ってしまいました。そんな心配をよそに意外と天樹が冷静だったので、なんだか安心しました。

 

誘いをかける由美に対し「今でも十分綺麗ですよ」と返す天樹には余裕すら感じました。しかしながら、由美は自分の魅力を自覚しているようで、篠宮も財前もほどほどに利用していたようですが、篠宮の思わぬ愛情を知ってしまった彼女は今後どう生きていくのでしょうか。

 

子どもの手術や治療もすすめることができるようですし、余計なことに目を向けず、子どもと向き合って愛情を注いでほしいと思います。そして、今話の最後には、積み残してきた路敏の裏の動きに触れられていました。

 

あやしい感じで男にお金を渡し続ける路敏。いったい何が起こっているのか、いよいよ展開がありそうです。今シリーズとしても最終回を迎えますので、専従捜査班がどんな事件に挑むのか楽しみです!

 

登場人物とキャスト一覧

天樹悠  (東山紀之)
野々村拓海(白洲迅)
青山新  (塚本高史)
海老沢芳樹(田辺誠一)
片桐正敏 (吉田鋼太郎)
堂本俊太郎(北大路欣也)
坂下路敏 (小瀧望)
篠宮由美 (観月ありさ)
篠宮武  (陰山泰)
玉木美津子(大島蓉子)
財前和馬 (野村祐希)
田上洋輔 (若林久弥)

 

タイトルとURLをコピーしました