""

刑事7人 Season8 最終回ネタバレ

刑事7人

第10話のあらすじ

人気のない路地裏。坂下路敏(小瀧望)が、怪しげな男・小室(鷲尾英彰)に現金を渡している。小室は金を数え、不敵に笑うのだった…。一方、新専従捜査班に、交番勤務の巡査部長・山岸正武(鶴見辰吾)が撃たれたという知らせが入る。天樹悠(東山紀之)をはじめ、新専従捜査班メンバーは現場に向かうが、そこには犯人と争い、なぜか交通標識を掴んだまま息絶えている山岸の遺体が。しばらくすると、現場に捜査一課長と一課の面々が現れる。なんと、遺体から検出された銃弾は、警視庁が採用している銃と同型の可能性が高く、警官が警官を殺害したのだろうか――!?〈参照元:TVerより〉

 

 

人は何を信じ生きていくのか?

12年前の事件の容疑者となり、逃亡していた古市の人生がとても不憫でした。始まりは彼が万引をしてしまった事ですが、捕まったときに自分の名前も言わずに逃げたことで、警察官だった羽田を殺害した容疑がかけられてしまいました。

 

無実を主張すれば容疑がはれそうなものですが、古市の犯行を示す証拠が出てきたため、父親からも見放され、逃亡するしかなかったのです。捜査にあたった警察官・小清水自身が真犯人でしたので、証拠も捏造されたでしょうし、古市にはどうしようもなかったでしょう。

 

そもそも万引で名前を言わなかったのは、古市の家庭の事情もあったためと考えられます。父親は世間体を気にしているようですし、母親は夫に従う関係のようでした。そんな親たちに連絡されたくなかったのだろうと思います。

 

古市が殺人容疑をかけられたときにも、自分の息子のことを信じきれず、経営する病院の評判を気にして息子を切り捨ててしまうような父親だったのです。家を出た古市は別人となって逃亡生活を送ります。

 

戸籍を変え、整形して逃げていたのは考えられますが、その整形が老化させるものだったとは驚きました。

 

 

逃亡中に出会ったのが、新たに殺害されてしまった山岸巡査部長です。山岸は情報から人を判断するのではなく、相手の人間性を見抜いて人を信じようとする人物でした。そんな山岸だからこそすっかり見た目が変わっていた古市に気がつくことができたのでしょう。

 

古市の証言を信じ、真犯人が小清水であるということにたどり着きました。羽田は小清水の悪事に気がついたために殺害されていました。そして、そんな真相を知った山岸もまた小清水によって命を奪われてしまいました。

 

山岸や羽田といった正しいことをしようとしていた人物が殺害されてしまったことは本当に許せないことです。

 

真実が解明され、古市は自由の身になりましたが、彼が逃亡生活を送った12年と自分の顔、名前、恩人など、失ったものは大きいです。せめてこれからの人生が明るいものになってくれることを願いたいです。

 


 

明らかになった路敏の素性

これまでも怪しげな人物にお金を渡し続けていた路敏。最後の支払いを済ませ、「感謝していると伝えてください」と言った直後に、山岸の殺害シーンとなったため、路敏が人を雇って殺害したかのように思わされました。

 

しかし真相は逆で、山岸が路敏の恩人だったということで安心しました。山岸は6年前に路敏の母親の冤罪を晴らし、彼の進学の面倒も見るなど、絶望しかけていた路敏を助けてくれていたのです。

 

路敏という人は一見冷めているようでも、人への感謝の気持を大切にする温かい心があるのですね。

 

エリートとして専従捜査班に配属された背景があるため、彼のそのような家庭環境や過去があったことは意外でした。最後の最後にはお酒によって人格がフランクになりすぎるという一面を見せました。

 

違った意味で面倒くさい感じもしますが、なにはともあれせっかく路敏が本当の意味で仲間になったのですから、ぜひ続編にて路敏が成長して活躍する姿も見たいところです!

 

刑事7人の結束!

路敏の抱えている事情を知り、受け止める専従捜査班の仲間に感動しました!特に拓海の「恩人を失って辛かったんだろ!」「ひとりで抱えてないで俺たちに話してくれよ!」という熱い言葉が印象的でした。

 

みんなそれぞれ温かい言葉で包み込んでいて、路敏は幸せだろうなと思います。生意気なところはありますが、素直さも持ち合わせている路敏は、愛される人なのでしょうね。そしていち早く路敏の異変に気がついた天樹はさすがです。

 

殺害された山岸は路敏の恩人であり、それでも路敏は捜査に私情を挟まないように無念な気持ちを抑え込んでいたのです。事件解決に行き詰まる中で、路敏の思いを知った専従捜査班の結束が捜査を加速させました。

 

 

人を信じ続けた山岸を、専従捜査班は信じ、彼が信じた古市の無実を信じたということだと思います。

 

天樹が真実にたどり着くきっかけとなったものは堂本とのやり取りの中にありました。堂本の前では素の姿を見せる天樹。

 

今となっては仕事仲間としての関わりがほとんどですが、義理の父と息子としての関係でもあり、ミステリアスな天樹の人間らしい一面が垣間見れるような感じがして癒やされます。

 

堂本の意見からヒントを得た天樹は、仲間と情報を集めて真相を突き止めることができたのです。最終回ということで、シーズンは終了してしましましたが、海外へ赴任した水田のその後や、メンバーとして定着した路敏の活躍、天樹の能力全開の捜査など、まだまだ気になるところがたくさんあります。また続きが見られることを期待したいですね!

 

登場人物とキャスト一覧

天樹悠  (東山紀之)
野々村拓海(白洲迅)
青山新  (塚本高史)
海老沢芳樹(田辺誠一)
片桐正敏 (吉田鋼太郎)
堂本俊太郎(北大路欣也)
坂下路敏 (小瀧望)
山岸正武 (鶴見辰吾)
小清水祐人(弓削智久)
古市潤  (赤木耀)
土井和彦 (遠山俊也)
北川健人 (松田賢二)
前迫彰  (井上肇)
近藤良介 (槙尾ユウスケ)
羽田守雄 (高島豪志)
古市俊哉 (石田登星)
古市留美 (一谷真由美)
坂下麻未 (町田マリー)
柳沼悠也 (堀源起)
羽田美紀子(澁谷晶己)
小室司  (鷲尾英彰)

 

タイトルとURLをコピーしました