""

警視庁強行犯係 樋口顕Season2(第5話)樋口が謎を解く

警視庁強行犯係 樋口顕

落ちていた500円硬貨の謎?

事件現場には500円硬貨が落ちており、その硬貨からは横田の血液反応が出ていました。犯人が落としたものと見て捜査が開始されました。殺害された横田は、交際していた同僚の坪井が妊娠したとわかったとき、自分の子ではないと主張し、結婚もしないし子どもを堕ろすように強く言い捨てていました。

 

そんな横田を許すことができなかった坪井が彼を殺害してしまったのです。坪井が凶器として選んだものは500円硬貨。たくさんの500円硬貨を袋に入れて振り下ろすことで撲殺したのでした。坪井は500円硬貨を凶器にするために、わざわざ両替をして用意していました。

 

なぜ、500円硬貨を使うことにこだわったの?

 

理由は使った500円硬貨の合計した金額にありました。合計額は10万円で、それは横田が中絶費用に坪井に渡していたお金でした。坪井にとっては10万円で子どもの命を奪おうとしたように感じたということです。そして逆にその10万円で横田の命を奪ったというわけです。

 

10万円で殺害しようということで、物理的に硬貨で撲殺する発想が恐ろしい・・・。

 

同僚に大量に両替する方法を教えてもらったり、10万円もの金額を500円硬貨に両替したりと、手間を掛けて準備したのですから、強い殺意を感じます。しかし、坪井は最後に樋口から「確かに命はお金に変えられない。

 

しかしあなたは、自分がしたことを生まれてくるその子に話せますか?」と諭され、犯してしまった罪を自覚したようでした。罪は犯してしまいましたが、守った命とともに穏やかに生きていってほしいと思いました。

 

 

お金では、はかれない命!

殺害された横田は非道な人間でした。5年前の人身事故では、自分の不注意で五十嵐真由の命を奪ったにも関わらず、目撃者がいないことをいいことに真由のほうが飛び出してきたと主張していました。

 

助手席に同乗していた塔場にも嘘の証言をさせています。民事裁判では「逸失利益」が争点となりました。真由が生きていれば将来得るはずだった収入の額が、大学に入っていたかどうかで大きく変わるというものでした。

 

事件当時に受験には合格していても入学手続きをしていなかったことで、賠償金が大幅に減額されてしまいました。

 

大切な娘の命を失い、賠償金でさえも減額されてしまうなんて真由の両親はどれほど悔しかったんだろう・・・。

 

 

失われた命はたった一つのかけがえのないものなのに、命の値踏みをされているような気がします。

 

事件を追う中で、塔場が嘘の証言をした罪滅ぼしのため、減額されなければもらうはずだったお金を真由の両親に渡そうとしていたことがわかりました。しかし、そのお金はなんと、会社から横領したものだったのです。

 

塔場は涙ながらに後悔の言葉を口にしていたのですが、横領したお金で罪を償おうとするなんて、本当は反省していないのか、もしくは常識はずれな人間なのか、どちらにしてもとんでもないことですね。

 

犯人の坪井の殺害動悸も子どもの命に値段をつけられたように感じたことからでした。人の生死にお金が絡むことはあるかも知れませんが、お金というものと人の命の重さについて考えさせられる事件でした。

 

娘の言葉に撃沈!?

樋口の日常生活が見られるシーンでは、彼の素顔が垣間見えてほっこりさせられます!今回は娘の照美に晩御飯を作って欲しいとお願いしますが、そのニヤケ顔を見た照美に「キモいんだけど!」と切り捨てられてしまいます。

 

また、投資に関して否定的な樋口に対し照美からは、古い価値観で物事を決めつけるということで「昭和脳」と言われてしまうのです。それでも「昭和脳か…。うまいこと言うな」とつぶやくだけの樋口。

 

娘には甘く弱い父親の一面が見られた。

 

事件解決後には、投資に関して取材した照美の記事を読み、理解を示します。愛情をもって娘と向き合っているようです。そして照美と妻の恵子がやっているヨガにも見様見真似で参加するのでした。

 

樋口の刑事であるときの顔と家庭での顔のギャップに魅了されてしまいますね!

 


 

みんなの感想

第5話のあらすじ

工務店の社員・横田慶介(入江甚儀)の遺体が見つかる。臨場した樋口(内藤剛志)が気になったのは、遺留品の3枚の500円玉と、横田のポケットにあった商店街のスタンプカード。日暮里は職場の八王子からも彼の自宅からも離れた位置にあるのに、スタンプはかなりたまっている。会社では、人当たりの良いとても優秀な営業マンと言われていた横田だが、上司の塔場和彦(正名僕蔵)や同僚の坪井奈々(森迫永依)に聞きこみを続けると、私生活では5年前に人身事故を起こしていた。事件と事故との関係を探っていると、人身事故の被害者・真由(高橋七海)の父・五十嵐誠(林家正蔵)が日暮里で定食屋を営んでいることが発覚。しかし、両親にはアリバイがあり、捜査は難航。そんな中、さらに怪しい出来事や人物も浮上してきて……。樋口は3枚の500円玉に注目して捜査をするとやがて意外な犯人と哀しき真実が明らかになっていく……。 〈参照元:TVerより〉

登場人物とキャスト一覧

樋口顕  (内藤剛志)
遠藤貴子 (矢田亜希子)
樋口照美 (逢沢りな)
菊池和馬 (佐野岳)
藤本由美 (片山萌美)
中田裕之 (小松利昌)
吉崎衛  (斉藤暁)
樋口恵子 (川上麻衣子)
天童隆一 (榎木孝明)
氏家譲  (佐野史郎)
御子柴隆司(竹財輝之助)

塔場和彦  (正名僕蔵)
五十嵐誠  (林家正蔵)
坪井奈々  (森迫永依)
横田慶介  (入江甚儀)
五十嵐富美子(津田真澄)
瀬川耕作  (肥後克広)
阿部拓也  (榊原美鳳)
五十嵐真由 (高橋七海)

 

タイトルとURLをコピーしました