""

「霊媒探偵・城塚翡翠」清原果耶さんのイメージとピッタリ?

霊媒探偵・城塚翡翠


この記事では、ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」に出演する清原果耶(きよはら かや)さんについて書いています。

城塚翡翠役は清原果耶さん

ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠』の城塚翡翠(じょうづか ひすい)役に、清原果耶さんが主演を演じます。

城塚翡翠ってどんなキャラ?

主人公の城塚翡翠(じょうづか ひすい)はゆるふわ美人で、ドジっ娘。「霊が視える」という能力を持ち、死者からのヒントを頼りに事件を説いていく霊媒探偵です。

なぜか警察と強いパイプがあって、事件を解決していきます。

 

ただ、霊視には証拠能力が認められていませんので、誰からも信じてもらえません。その部分をどう補っていくのか・・・楽しみですね。

 

 

↑ 原作の表紙と同じポーズの絵。

もう、イメージピッタリです。キレイで透明感あふれる姿に、ドキッとした方も多いでしょう。

 

ドラマでの見どころは?

まず、役作りのために緑色のカラコンを着けたところですね。

原作では城塚翡翠は緑色の瞳をしているので、そこから入ったということです。そして、城塚翡翠は霊媒師でなので、当然「降霊シーン」もあります。

 

それをどう表現するか、非日常的な部分をどう演じるかが見ものです。

 

原作では、城塚翡翠に雇われている千和崎真は、普段は家政婦をしていますが、事件になると助手を務めます。千和崎真が霊媒による証拠を元にうまく解決していくのでしょう。

 

恋愛関係は?キスシーンはある?

探偵物や推理物のドラマには、通常ラブシーンはないか、あっても少ないです。

なので、おそらくほとんどそういったシーンはないのかなと思われます。殺人事件が絡んでいる話の中で主人公・城塚翡翠自身の恋愛ストーリーは描かれないかなと思います。

 

清原果耶さんのプロフィール

家族そろってPerfumeのファンで、Perfumeに憧れて幼少期より歌とダンスのスクールに通う。小学1年生からクラシックバレエを習い、小学5年生から中学1年生までは兵庫県西宮市に本拠地を置く劇団「Youth Theatre Japan (YTJ)」 に通ってダンス・歌・ミュージカル・バレエを習っていた。

2014年、12歳(中学1年生)のとき、母がPerfumeの所属するアミューズのホームページで見つけた同社の新人発掘イベント「アミューズオーディションフェス2014」に好奇心で応募し、同年10月に開催された最終審査会で3万2214人の中からグランプリおよびポイント賞を受賞し、同事務所に所属する。

さっぱりした性格で、モデル仲間からは「イケメン」「キュートで可愛い」と言われている。一人が好きで、プライベートでも一人で過ごすことが多いという。趣味は散歩、油絵。特に好きなアーティストはamazarashi、藤井風、Perfume、好きな食べ物は和菓子、好きな動物は朝ドラ『おかえりモネ』の撮影中に動画を観て癒されていたハシビロコウ。

【主な出演作品】
【テレビドラマ】
『あさが来た』『透明なゆりかご』『なつぞら』『おかえりモネ』『ファイトソング』

【映画】
『愛唄 -約束のナクヒト-』『デイアンドナイト』『宇宙でいちばんあかるい屋根』『花束みたいな恋をした』『まともじゃないのは君も一緒』『護られなかった者たちへ』

【プロフィール】
清原果耶(きよはら かや)
生年月日 2002年1月30日
出身 大阪府
身長 162cm
血液型 B型
事務所 アミューズ

ネット上での評判は?

多くはドラマの放送が楽しみ~♪といった声でした。すでに原作を読んでいる方からは、霊媒心霊的な感じがほどよく絡んでいて、面白かったなどの声がありました。

 

先に原作を読んでみて、ドラマとの違いを楽しむのもいいかもしれませんね。

霊媒探偵 城塚翡翠 medium[本/雑誌] / 相沢沙呼/著

 

タイトルとURLをコピーしました