""

「霊媒探偵・城塚翡翠」千和崎真役に小芝風花さん

霊媒探偵・城塚翡翠


この記事では、ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」に出演する小芝風花さんについて書いています。

千和崎真役に小芝風花さん

ドラマ『霊媒探偵・城塚翡翠( れいばいたんてい・じょうづかひすい)』の千和崎真(ちわさき まこと)役に、小芝風花(こしば ふうか)さんが出演します。

 

千和崎真ってどんなキャラ?

プロフィール上では、千和崎真は主人公・城塚翡翠(じょうづかひすい)のアシスタントとしてしか記述されてませんが、いったいどんな人物なのでしょうか。

実は、霊媒探偵のアシスタントとして仕事だけじゃなく、生活面でもお世話をするお姉さん的な存在なのです。

 

食事はもちろん、整理整頓・お掃除など、身の回りのお世話をしてくれるんですね。そして、城塚翡翠が一番、心を許している相手でもあります。

 

妖怪シェアハウスとは違うイメージ

小芝風花さんといえば、妖怪シェアハウスシリーズの主人公で、気弱な女の子の役を演じていましたが、今回の役どころは大人びた雰囲気の女性ということで、主人公を支えるお姉さん的なイメージになります。

 

共演を楽しみにする声がたくさん!

城塚翡翠を演じる清原果耶さんとは初共演ということで、SNS上では、人気の若手女優同士の共演に注目が集まっています。
 

清原さんから見た小芝さんについて
お会いするのは今回が初めてです。女の子らしいキュートな見た目なのに、きっと“男気″がある性格をされているような気がして、そのギャップがとても魅力的で愛おしいと感じています。翡翠と真ちゃんは距離が近い役なので仲良くなりたいと思って、初めてお会いした時からたくさん話しかけてしまいました(笑)。これからおいしいごはんを食べに行ったりしたいです!

 

で、実際に一緒に焼き鳥食べに行く約束をしたらしいです(笑)  ↓

 

小芝風花さんのプロフィール

本名も同じ。名前の風花は、松山千春のヒット曲「大空と大地の中で」の歌詞をヒントに母親がつけたという。小学3年生から中学2年までの5年間、オリンピックを目指し、全国有望新人発掘合宿にも参加しフィギュアスケートに打ち込んでいた。2011年10月、第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会ノービスダンスで優勝。

当時憧れの選手は鈴木明子。11月『イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011』でグランプリ。審査では得意のトリプルトゥループさながらフィギュアの振り付けを模したダンスを披露した。芸能活動との両立は難しいと考え、選手を引退する。

選手時代から支えてくれる母からもらった言葉という、「夢に向かって努力すること、夢をあきらめないこと、成功した自分を想像すること」を座右の銘にしている。特に3つ目の金言が「いちばん好き」で「お芝居に正解はないので、何をもって成功なのか難しい部分もありますが、私にとっては、頑張る理由を明確にしてくれる言葉だと思っています」と語る。

【主な出演作品】
【テレビドラマ】
『あさが来た』『トクサツガガガ』『美食探偵 明智五郎』『妖怪シェアハウス』シリーズ『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~』『彼女はキレイだった』

【映画】
『魔女の宅急便』『ガールズ・ステップ』『天使のいる図書館』『妖怪シェアハウス-白馬の王子様じゃないん怪-』

【舞台】
『夕陽伝』『オーランドー』

【プロフィール】
小芝風花(こしば ふうか)
生年月日 1997年4月16日
出身 大阪府
身長:158センチ
血液型 A型
事務所 オスカープロモーション

タイトルとURLをコピーしました