""

「束の間の一花」の萬木昭史は京本大我

キャスト


この記事では、ドラマ「束の間の一花」に出演する京本大我さんについて書いています。

「束の間の一花」の萬木昭史は京本大我

ドラマ『束の間の一花』の萬木 昭史(ゆるぎ あきふみ)役を、SixTONESの京本大我さんが演じます。

萬木昭史ってどんなキャラ?

京本さん演じる萬木昭史(ゆるぎ あきふみ)は大学の哲学講師です。

物語のヒロインである一花(藤原さくらさん)が高校2年の春に余命2年の宣告を受けますが、大学生になり講義を担当することになった哲学講師が萬木昭史なんです。

 

しかし、哲学講師として「生きる意味」を説く講義をしていた本人・萬木昭史もまた余命宣告を受けてしまうという数奇で運命的に出会う2人の物語です。

 

ドラマでの京本さんの見どころは?

京本大我さん初の連ドラ単独主演ということで、2016年に出演した「鼠、江戸を疾る2」以来の6年ぶりのドラマ出演となります。

余命宣告を受け大学を辞職し、周りとの環境を遮断し、孤独を選ぶキャラクター。

 

同じ運命をたどる一花と出会うことで、今をどう生きて行こうか、前向きに心が変化していく姿をどう表現していくのかが見どころです。

 

恋愛関係は?キスシーンはある?

今のところ、そのような情報は入っていませんが、ともに限られた命の2人はつかの間の時間を、ひかれ合っていくラブストーリーですので、ラブシーンがある可能性も十分あり得ます。

 

 

気になる方は原作者のタダノなつ氏さんが書かれた漫画を先に読んでしまうのもいいでしょう(講談社とpixivの漫画アプリ「Palcy」で連載されていました)。

 

 

ただ、原作でそのような描写があっても、ドラマではどのように表現されるか気になるところですよね。ジャニタレの京本さんのファンからすれば気が気じゃないでしょう。

 

京本大我さんのプロフィール

2006年5月、ジャニー喜多川のスカウトによりジャニーズ事務所にレッスン生として入所する。同年、ジャニーズJr.内ユニット・Kitty Jr.のメンバーに選ばれる。2010年には少年邦楽専科というユニットを組み、『滝沢歌舞伎 -TAKIZAWA KABUKI-』にも出演した。

家族旅行中にハワイの飲食店で撮影した店主との2ショット写真が偶然ジャニー喜多川の目に止まり、父親である京本政樹へ連絡が入る。後日堂本光一の舞台や滝沢秀明の舞台稽古を見学したところ興味を持ち、自ら進んで舞台や稽古の見学に行くようになる。

KAT-TUNのアリーナコンサートに見学に行った際、楽屋前の廊下で中島裕翔と遊びながら「青春アミーゴ」を踊っている様子をジャニー喜多川が目撃。「出てみる?」と声をかけられ、初舞台に立った。突然の東京ドームの舞台に緊張してしまったが、亀梨和也が優しく対応してくれたこともあり良い思い出であると語る。

【主な出演作品】
【テレビドラマ】
『私立バカレア高校』『仮面ティーチャー』『お兄ちゃん、ガチャ』

【映画】
『劇場版 私立バカレア高校』『劇場版 仮面ティーチャー 』『忍ジャニ参上! 未来への戦い』『少年たち』

【舞台】
『滝沢演舞城』『エリザベート(東宝版)』『「スーベニア」~騒音の歌姫~』『恋する~ヴァンパイア』『BOSS CAT~シャルル・ペロー「長靴をはいた猫」より~』『HARUTO』『ニュージーズ』

【プロフィール】
京本大我(きょうもと たいが)
生年月日 1994年12月3日
出身 東京都
身長 174cm
血液型 B型
事務所 ジャニーズ事務所

タイトルとURLをコピーしました