""

競争の番人(ドラマ第3話)みんなの感想

競争の番人

第3話のあらすじ

白熊楓が飛ばされた先は警察官ではなく、公正取引委員会。不本意な異動でしたが、小勝負や風見をはじめ彼らの仕事に関わる事でその面白さを見出そうとしていました。今、巨大なカルテルが行われている栃木のホテル達ですがその黒幕は天沢雲海。不正は許さないと何度も彼とその周辺を探る楓と小勝負でした。しかしついに雲海を失脚させる彼の部下・長澤の心を動かし戦っていましたが長澤の手引きである場所に2人は閉じ込められてしまいます。その裏には雲海がおり、どうやら長澤は彼に屈した様子。劣勢を覆し雲海を倒す事ができるのか。

みんなの感想

momose
@saka711_ken311フォローする
スッキリƪ(˘⌣˘)ʃ面白かった〜 来週も楽しみなりƪ(˘⌣˘)ʃ 
午後10:01 2022年7月25日
アボカリン☆
@avocarin1rin2フォローする
面白かった~。天才小勝負に、強すぎる白熊。ナイスなバディと、カッコいいダイロクのみなさまですね☆
午後9:58 · 2022年7月25日
な☺︎
@yuiiipooooonフォローする
今回もけんたろのビジュがよすぎて最高でしたぁ!!憂鬱で少し落ち込んでた月曜日がとってもはっぴーに ☺︎ ❤︎ 雲海の追い込みとても気持ちよかったああ!!!乞うご期待だね!ひひん!
午後10:04 · 2022年7月25日

色々と雑すぎとの声も

肯定的な感想がある一方で、安っぽい展開・素人が書いたような脚本などという辛辣な意見もありました。もう少しスカッとする展開が見たかったようです。

《ご都合展開》
《三話もやってこんなオチ》
《この内容、一話にまとめられたのでは?》
《はい、一応盛り上がるシーンですw》
《急に小物感が》
《うわぁ…だめだこのドラマ》
《なんか色々と雑すぎないかこのドラマ》
《安直な人質www 馬鹿すぎる》
《これを月9でやる勇気》
《とりあえずわかりやすい悪役ムーブ…》
《すげーなこの素人が書いたみたいな脚本》

楓に逆転の目はある?

いざ雲海の証拠を掴みに勇んで出かけた楓と小勝負ですが、改心したはずの長澤によって閉じ込められてしまいまずはピンチの状況。しかしこの場所であるものを見つけ小勝負の能力が発現するところと、脱出する為に楓が拳で壁を破壊するところが見ものです。

 

また楓が疲れて寝てしまった時、小勝負がそっと上着をかけてあげるところは女子としてはたまらないんじゃないでしょうか。

 

だけど、寝てるのでいい感じになる事はなく、そっとそのシーンは終わるだけと言うのがまた良いです。

 

そして何とかダイロクに戻った2人だけど、そこに石田夫婦が現れるシーンも良い!あれだけ自分たちの花屋を守る為に余計な事はしない様にしていた彼らだけど、とうとう雲海と戦う事を決意したところは胸熱!

 

やはり今のままでは雲海の掌の上で転がされてるだけで、彼の決断次第では如何様にでもされてしまいますね。他にも戦いの舞台に立てない人すらいますからそんなのは公正な競争とは言えません。正しい形に戻す準備は整ったと言う感じです。

 

証拠を掴むことは出来るか?

石田夫婦も交えメンバーは揃い、これから最後の戦いを仕掛ける材料集めですが桃園が雲海と結託していた政岡を虜にして動かしていたのは面白いですね。姉さん仕事はやっ!て感じでいつの間にでした。

 

そこから政岡に頼み雲海といつも使うカルテル部屋に行き、証拠の音声を引き出そうとするところはドキドキだった。

 

何かいつも悟った様な顔で何でもお見通しと言う雰囲気をビンビンに出す雲海ですからいつ気づくのかなと思ってましたが、まさかすぐに盗聴器発見器を出してくるのはこちらまで気が気じゃなかったです。

 

あれだけ大掛かりで多額のお金が絡んだカルテルをやっているからまあ当然といえば当然なんですけどここをしくじれば終わりと言う事で緊迫感はたまらなかったですね。

 

最後に美月を使って安藤を襲わせると言うのが、もう卑劣の極みだよね。

刺した時の美月の表情がたまらなかったです。父親が殺されてしまい、自分も人を刺しましたから当然の反応ですけどいたたまれなかったですね。

 

ついに雲海との決戦!

美月と安藤の一件を知った楓達ですが、何とここで楓が食べたどら焼きに毒が盛られたと言う衝撃の内容。まさか今時毒を盛るなんて普通はあまり考えられないですが、確かにシンプルで証拠が残りにくいのかも。

 

しかし、そこも雲海の息がかかった会社で製造されてて、徹底的に証拠を見つけ出した小勝負達ダイロクはかっこよかった!

 

まだ未成年の女の子の心も弄び、人を死に追いやりあまつさえ自ら毒を盛るなんて一体どんな罪になるのでしょうか?

 

ここまで来ると極悪人ですが、小勝負と楓の闘争心に火をつけただけでした。周囲の人間を口封じし自分の身の潔白を証明しようとしたみたいですが、所詮金や脅し。1度崩れれば脆いものです。

 

楓達が外堀を埋めていくところはこの仕事の大変さを感じる事になる見どころの1つかな。

 

そして本性を表した雲海との最後の決着。あそこまで感情が動くとは思ってませんしたが、山本耕史さんの取り乱し大声をあげる姿も新鮮で面白いシーンだと思います。

そして雲海の周りの人間もみんな手のひらを返し戦う事になりラストは熱いです。

 


 

登場人物とキャスト

白熊楓(杏)
小勝負勉(坂口健太郎)
桃園千代子(小池栄子)
風見慎一(大倉孝二)
藤堂清正(小日向文世)
緑川瑛子(大西礼芳)
紺野守里(石川萌香)
大森徹也(黒羽麻璃央)
天沢雲海(山本耕史)
六角洸介(加藤清史郎)
本庄聡子(寺島しのぶ)
石田正樹(武田航平)
石田七瀬(野村麻純)

 

タイトルとURLをコピーしました