""

競争の番人(ドラマ第7話)みんなの感想

競争の番人

第7話のあらあすじ

楓は風見から一人で調査案件を担当してみないかと言われる。調査案件は大手通販サイト・三ツ星マーケットの自社オリジナルブランド「アンカレント」の再販売価格維持。白熊が風見とネット通販会社を回るとブランド事業部長の黒崎美佐子(雛形あきこ)の名で値引きを禁止するメールが届いていた。 白熊と風見たちは三ツ星マーケットに立入検査を行う。美佐子はメールの差し出しなどを認め社長の山辺(姜暢雄)も調査に協力的で、案件は簡単に解決したかに見えた。しかし三ツ星マーケットには再販売価格維持以外に隠していることがあった…。 それはサイトのランキング操作。ランキングはいつもアンカレントが上位を占めていて、アンカレントより売上のあるブランドでもランキングでは下位に表示されていた…というのが今回の物語。 当初の調査でランキング操作に気づけなかったことで「警察でもミスして、公取でも失敗して、私ほんと何やってんだろ」と落ち込む楓に、風見は「白熊さんらしく頑張ればいい」と励ます。「私らしくってなんですか」と聞き返す楓に、風見は「色々考えないで、いつもみたいに突っ走れ」とアドバイスし、かすかに口ごもりながらも「何かあったら責任は僕が取るから」と宣言する…。参照元:Yahooニュース

みんなの感想

Maruちゃん
@MaruLiamGJJ1フォローする
業界は違うけど、最近あった出来事と似ていました。 その前にも大きなネットショップでも…. 最近の時勢に合った話でした。 次週は本丸に話が突入、小勝負の過去も明らかになりますね。楽しみ。
午後9:59 · 2022年8月22日
ⒶⓀⒶⓇⒾ
@anne_gochiフォローする
白熊ちゃんがただただかわいいだけの回でしたもう大満足です!!!!
午後10:01 · 2022年8月22日
江崎龍二
@X3NYybQ5oFM4zlJフォローする
今回は白熊ちゃん頑張ったね〜( *˙ω˙*)و グッ!( ・∀・) イイネ!
午後11:18 · 2022年8月22日

 

 

白熊、ドキドキの初任務!

珍しく小勝負の姿が見えないダイロクから始まります。ここでも滅多にない風見と白熊のツーショットがありました。風見から、今回一人でやってみない?ともちかけられた白熊は張り切って話を受けてやってやろうとしてる可愛いところが最初の見どころかなと。

 

出かける前にふいに現れた小勝負からは、また肩入れするのかと言われムッとする白熊でした。そして今回大手通販サイトの三ツ星マーケットのオリジナルブランドであるアンカレントが不当に値引きを禁止しているというお話ですが、立ち入り検査に来た白熊に対して代表の山辺や黒崎はやけに素直に応じます。

 

店舗にはかなり強めの値引き禁止のメールを送っていたのに、ここは視聴者としても違和感を感じるシーン。

 

あまりにしおらしく対応する黒崎ですから白熊は何と途中で立ち入り検査を中断してしまいます。小勝負からも指摘されたばかりなのにまた肩入れ。

 

風見と今日は上手くいったと打ち上げまでする始末で、不安を覚えるところですね。

信じていたものの裏切り!

ここで館山留美と言う女性から声をかけられた白熊は、三ツ星マーケットがランキングを不正に操作していると訴えられます。留美は黒崎にあこがれて同じ業界に入りアパレルの仕事をしている女性でした。

 

相談に乗ってあげたい白熊でしたが、ランキングと言う結果しかない証拠の出しようがないものを調査する事はできないと風見は難色を示します。また白熊のお人好しなところが出ますが、風見を説得し調査を開始。

 

桃園からもブツヨミするしかないとアドバイスを受け綻びがないか徹底的に調べます。そんななかで何と留美の手掛けるブランドが立ちいかなくなり彼女は退職する事に。

 

自分が徹底的にやらなかったせいだと落ち込む白熊と励ます風見のシーンが少し心温かくなるね。

 

また黒崎と会う事にした白熊ですが、彼女は当然何も喋らず。肩入れをして雰囲気で検査の手を止め、不幸になる人が出た。

 

証拠も掴めない、とさんざんな白熊に打つ手はあるのか心配になります。

 


 

デジタルデータの闇を暴け!

徹底的にやるとようやく腹を括った白熊ですが、ここでデジタル解析チームの紺野かランキングに関して三ツ星マーケットが都合の悪いクチコミを非表示にしていると指摘します。ここで逆転の兆しがようやく見えてきたかなと言う注目のシーン。

 

このデジタル操作が本当の事だと証明は出来た訳ですが、違法にもならず黒崎は開き直ってしまいます。打つ手が無くなったかと思いましたが、ここで白熊が黒崎のある部分に気が付きます。彼女が着ている服が三ツ星マーケットの自社ブランドとなる前のアンカレントのものばかりだと言う事を。

 

これは刑事としての洞察力・・・?

 

すると本音を漏らす黒崎に流れが変わった見どころの部分です。数年前に売上の伸び悩んでいた黒崎に山辺が声をかけ、三ツ星マーケットと一緒になりましたが質より量と言う方向に変わりました。ランキングの事も山辺に一任しており、本当の事は聞けずじまいだったとの事。

 

ここで白熊が留美の想いも抱え熱くなるシーンです。

 

黒崎はようやく目を覚まし、三ツ星マーケットの不正派無事暴かれました。本当の意味で一件やり遂げた白熊をみんなが労います。

 

一件落着だったけど、舞台は半年後に移る事に。急な展開にどうなる?と一番興味をそそるシーン!

 

緑川か何か調べ物をしているところに小勝負も来ます。ラクター建設と言う企業に関して。小勝負は関連するファイルに本庄の名前を見つけ驚愕するシーンが最高にシリアスな展開を予感させますね。

 

登場人物・キャスト一覧

白熊楓(杏)
小勝負勉(坂口健太郎)
桃園千代子(小池栄子)
風見慎一(大倉孝二)
藤堂清正(小日向文世)
緑川瑛子(大西礼芳)
紺野守里(石川萌香)
大森徹也(黒羽麻璃央)
六角洸介(加藤清史郎)
本庄聡子(寺島しのぶ)
山辺純次(姜暢雄)
館山留美(夏子)
黒崎美佐子(雛形あきこ)

 

タイトルとURLをコピーしました