""

競争の番人(第8話)みんなの感想

競争の番人

第8話のあらすじ

小勝負勉(坂口)は緑川瑛子(大西礼芳)に呼び出された。緑川は小勝負に、検察の保管庫で見つけた15年ほど前の死体検案書を見せる。公正取引委員会に入ったのは、このためではないかと疑う緑川。その死体検案書には「ラクター建設」や本庄聡子(寺島しのぶ)の名があった。15年前、本庄は公取の四国支所にいた。四国支所で取り組んでいたのは建設工事の談合疑惑。ゼネコン大手の一角「ラクター建設」の関与が疑われるが有力な情報は得られずにいた。本庄は同僚の三島徹(今井悠貴)とともに「ラクター建設」の木下健一(石井正則)から話を聞く。談合を問う本庄に、木下は否定して社員への聞き込みも迷惑だと断った。本庄が周囲を見回すと「ラクター建設」のような大手が相手にしそうにない小さな建設会社「小勝負建設」の調査資料を発見する。本庄と三島は「小勝負建設」へ。社長の誠(高橋努)は談合の件など知る由もない様子。そんな時、誠が参加していた工事の入札に漏れたと連絡が入った。参照元:Yahooニュース

 

 

談合の陰で蠢く巨大なもの

冒頭は緑川が調べ物をして見つけた資料に現れた小勝負が食い入る様にそれを見ます。そこからの回想シーンへと移り、何がなんだかと言うスピードで展開していくのがワクワク感を膨らませる一連の見どころですね。して舞台は四国、出てくる小勝負親子。

 

そ幼き小勝負にはカッコよく会社を切り盛りする父親がいました。今の小勝負の仕事ぶりと変わらず、息子に恥じない信念でやってきた父・誠と母親の朋子が凄く輝いて見えます。零細企業ながらも素晴らしい関係性だと思いますが近くの大手企業であるラクター建設が談合をしているとの事。

 

責任者である木下は談合なんか悪いものとは思わず、やらないと仕事が無くなるよとまで言ってしまう考え方です。

 

本庄がラクター建設に向かうも完全に隠し通し知らんふり。本庄は悔しいながらも何も出来ず帰る事になりました。一方で談合の事なんかつゆ知らず、仕事がない小勝負建設。

 

やはり光と影は存在するなと思わせる暗いシーンですね。

一人闇を抱える本庄の苦悩

小勝負建設に行った本庄は特に何も見つけることはなく帰ります。しかしラクター建設が小勝負建設と接触した形跡を発見した本庄は気にしつつもラクター建設に集中していました。そこに木下が突然誠のもとに現れます。

 

大手の会社の人が急に何なんだと言う誠でしたが、木下の目的は何と小勝負建設との談合。そんな悪いことは絶対にしないと言う誠でしたが、彼の目に入るのは家族や従業員たち。苦悩の末に何と誠は談合に手を染めてしまいました。

 

悲しいシーンですね・・・。

 

絶対にダメだと分かってても談合をされる限り絶対に仕事は来ない。家族や従業員の生活を思うとやらざるを得ない誠の苦悩が伝わるところでした。そしてラクター建設に顔を出した誠は当時四国にいた藤堂と出会います。全ての根源は彼。

 

その後またラクター建設に行った本庄は小勝負建設が今まで全然出来なかった入札を落とす事を知ります。それも2回も。嬉しく思う本庄でしたが、どこかおかしい。誠の元に行った本庄ですが、どこか談合を認めつつも本庄を追い返します。

 

悲しみと自分への怒りが伝わるシーンです。

 


 

絡み合う過去と現在

一度談合に手を染めた誠ですが、息子の勉と話します。自分の様になりたいと言ってくれる勉がこんな建物をいつか建てたいと絵に描き、誠に夢を語るのでした。誠は、この国はブレーキの壊れた列車だと言うと勉は真っ直ぐな目で誰かが止めないとねと返します。

 

誠の腹は決まりました。息子にかっこ悪いところを見せたくない誠はすぐに談合をやめると本庄に言います。子を持つ父親の、最高にカッコいいシーンだと思いました。その気持ちを受け取った本庄がラクター建設達の談合を暴いて工事は中止となります。

 

誠が早くに心を改めてここまでは良かったのですが、嫌がらせをされたり取引がなくなったりなどの目に遭います。それはかなりのもので疲弊した誠が本庄に電話をかけ、黒幕の名を口にします。

 

藤堂と言ったあと誠は家族の為に自殺。終始悲しい回で、泣けるシーンの連続。

 

時は今に戻り、勉が本庄に詰め寄るも知らぬふり。そこに談合の話が舞い込みました。ラクター建設を立ち入り検査する事になりましたがすぐに中止。

 

誰かが情報を漏らした様ですが藤堂と会っていたなど怪しい本庄のシーンが続くのが見どころ。

 

怒りに満ちた小勝負が藤堂の元へ行き誠の息子だと言い戦う事を決意。その後談合話を聞いた勉がある古びたビルに行くと誰かがナイフで襲って来ます。刺されたのは、本庄と言う衝撃のシーンでした。緊迫感たっぷりの8話です。

 

登場人物・キャスト

白熊楓(杏)
小勝負勉(坂口健太郎)
桃園千代子(小池栄子)
風見慎一(大倉孝二)
藤堂清正(小日向文世)
緑川瑛子(大西礼芳)
紺野守里(石川萌香)
大森徹也(黒羽麻璃央)
六角洸介(加藤清史郎)
本庄聡子(寺島しのぶ)
小津環(前田亜季)
小津耕介(竹財輝之助)
小勝負誠(高橋努)
小勝負勉少年(市原匠吾)
小勝負朋子(遠藤久美子)
木下健一(石井正則)

 

タイトルとURLをコピーしました