""

競争の番人(第9話)みんなの感想

競争の番人

第9話のあらすじ

東京都発注の土木工事の談合疑惑で『ラクター建設』などへの立入検査を行う予定だった公正取引委員会第一審査だったが、急遽中止になってしまう。父、誠(高橋努)の死の延長にある談合疑惑に小勝負勉(坂口)は独自で調査を進めた。そんな小勝負を本庄聡子(寺島しのぶ)は止めようとする。しかし、談合の黒幕と踏んでいる藤堂清正(小日向文世)と本庄のつながりを疑う小勝負には通じない。そんな時、小勝負は「談合の件で」と国交省の者と名乗る人物に電話で呼び出された。待ち合わせ場所に行った小勝負は、刃物を持った人物に襲われる。すると、小勝負を身を挺(てい)してかばった本庄が刺されてしまった。この件で小勝負は勝手に調査をしたとして謹慎処分になってしまう。そんな時、白熊楓(杏)に恋人の大森徹也(黒羽麻璃央)から情報が入る。それは、本庄と藤堂のつながり、そして本庄を刺した犯人が白熊が公取に異動となるきっかけとなった『ラクター建設』の古賀康弘を殺害した犯人と同一人物の可能性もあるということだった。参照元:Yahooニュース

 

 

刺された本庄!

談合を聞きつけた小勝負は向かった廃ビルにて、男に襲われます。ナイフで刺されたのは何と本庄でした。

 

本庄は意識を失い病院に運ばれ、警察達の介入でダイロクの活動は出来なくなってしまい大ピンチで始まりのかなりキツイシーンです。

 

しかし徹也の情報により白熊は今回の犯人と追っていた古賀殺害の犯人が同一の可能性が高いと知ります。小津建設に行き藤堂の娘の環から話を聞こうとするももうもう構わないでと突き返されました。

 

病院で本庄に寄り添う小勝負はこれ以上勝手な事をしたらクビもあり得ると言われながらも本庄を疑った事を反省。寝ていた本庄でしたが意識は戻っていて小勝負をびっくりさせました。2人は和解しますが、本庄は藤堂の不正を暴くため近づいていた事を吐露します。

 

ここで本庄が完全に味方である事がわかり、むしろ少年小勝負の無念を晴らす為にずっと生きてきた事がわかる涙が出そうなシーン。

 

そして改めて小勝負は藤堂を倒すことを決意しラクター建設役員の樋山を追いました。が、尾行は気づかれボコボコに。警告をし樋山は去って行きます。いよいよ小勝負やばいとヒヤヒヤしました。

 

 


 

ダイロクの存続をかけた戦い!

ボロボロの小勝負でしたが、白熊が登場。何と環を説得して連れてきました。白熊の熱意に負け、とうとう協力してくれる事に。何と出張でいないという藤堂の家に上がり込む事に成功しますが収穫はなし。そこに藤堂が突然の帰宅で大ピンチとなります。

 

かなりハラハラさせられたところですね。

 

何とかやり過ごし、一つのメモを見つけます。そこに書かれた待ち合わせ場所があり、張り込みをする小勝負と白熊。2人がいると小勝負にこれ以上何もするなと嗜めた風見と桃園がきます。結局小勝負の戦いを一人でさせる訳にはいかないと全面協力。もちろん六角も一緒です。

 

風見が上に頼み込み、立ち入り検査の準備までしていた事を知った瞬間が盛り上がりましたね。

 

みんなで突入し立ち入り検査実施するもここに藤堂は現れず、代わりに小津がいました。またこの談合は別の談合であり警察が入ってきて樋山は捕まって手が出せません。彼はなんと古賀殺害の疑いでした。ここでまた何重もの驚きのシーンです。

 

藤堂の見えないほどの深い闇

環の知らぬ間に小津が樋山に金を払って談合に参加していた事実が分かりました。ガッカリとする環に、小津は言います。会社をみんなを守る為にどうしようもなかったと言う彼ですが、小勝負は昔の事が頭を過ぎります。

 

ここで何と藤堂がダイロクにいきなり乗り込んできました!ドキドキのシーンです。

 

小勝負と白熊達は藤堂の自宅に忍び込んだ時の待ち合わせ場所のメモを見せられ、警察の介入も何もかも藤堂の計算によるものと分かりかなり絶望的なシーンでした。何も通用しないのかと。

 

そして弱いものが害を生むと言う藤堂は、その弱いものを徹底的に排除すると言います。手足を奪われた様に何も言えない小勝負ですが、まだ彼の目から戦う気持ちが消えたわけではありません。

 

この先どうやって戦うのか気になる最後の終わり方ですね。

 

登場人物・キャスト

白熊楓(杏)
小勝負勉(坂口健太郎)
桃園千代子(小池栄子)
風見慎一(大倉孝二)
藤堂清正(小日向文世)
緑川瑛子(大西礼芳)
紺野守里(石川萌香)
大森徹也(黒羽麻璃央)
六角洸介(加藤清史郎)
本庄聡子(寺島しのぶ)
小津環(前田亜季)
小津耕介(竹財輝之助)
小勝負誠(高橋努)
小勝負勉少年(市原匠吾)
小勝負朋子(遠藤久美子)
木下健一(石井正則)
樋山雄也(平原テツ)

 

タイトルとURLをコピーしました