""

元彼の遺言状キャストの綾瀬はるかに原作者大喜び!

2022年7月ドラマ

綾瀬はるかキャストに原作者が大喜び!

元彼の遺言状をドラマ化するにあたって、原作者の新川帆立は、剣持麗子のキャラクターである優秀だけども強引な性格がキツイと敬遠されるのではと心配していたそうです。綾瀬はるかがキャストに決まった時はピッタリとほっとしたそうです。

綾瀬はるか演じる剣持麗子ってどんなキャラ?

綾瀬はるかが演じる剣持麗子は、お金にならない仕事はしない主義で、強気で欲望にストレートな性格。勝つためには手段を選ばず、クライアントを失うほど。ボーナス減を言い渡されると辞めると啖呵を切って飛び出すほどの感情むき出しな女性です。

綾瀬はるかと大泉洋は初共演

大泉洋が演じる篠田と剣持麗子。視点がズレてる二人の掛け合いは、とても面白いです。綾瀬はるかさんから見ると、篠田はちょっとおばちゃんっぽい感じがするのだそうです(笑)。

元彼の遺言状のあらすじ

元彼である森川栄治(生田斗真)が永眠したと知らされた剣持麗子は、篠田敬太郎(大泉洋)という男からの連絡で、栄治には巨額の遺産があり「僕の財産は、僕を殺した犯人に譲る」という遺言状を残していることを知る。遺産ゲットのため、麗子は篠田と結託し動き出すが・・・。

原作とは異なる結末・オリジナルストーリーも!

元彼の遺言状の原作者は「このミステリーがすごい!」(2021年)で大賞を受賞した新川帆立による小説。文庫本(宝島社)も各書店にて絶賛販売中です。ただ、原作にはない篠田とのバディ感や、オリジナルストーリー、そして結末も原作とは異なるのだそうです。すでに原作を読んでいる方にとっては、また違った楽しみがありますね。

原作:篠田は麗子の大学時代のゼミの先輩で今回の事件の依頼人
ドラマ:栄治が暮らす別荘の管理人であり、麗子と行動を共にする「相棒」に。

原作:森川製薬の専務取締役は栄治の義理の叔父・森川定之(真梨子の婿)
ドラマ:栄治の叔母・森川真梨子に変更。

原作:犯人選考会は金治社長、平井副社長、定之専務の3人で執り行っていた。
ドラマ:金治社長と真梨子専務の2人だけで執り行っている。

原作ストーリーは第2話で完結し、第3話以降は『剣持麗子のワンナイト推理』からのストーリーやドラマオリジナルのストーリーが展開しています。


元彼の遺言状のロケ地

東京都内だけではなく、茨城県や山梨県、福島県などでロケが行われています。

元彼の遺言状の登場人物

剣持麗子(けんもち れいこ)
主人公。敏腕弁護士。

森川栄治(もりかわ えいじ)
麗子の大学の先輩。イケメン。

篠田(しのだ)
麗子の大学時代のゼミの先輩で、今回の事件の依頼人。

森川家と関係者
(業界大手・森川製薬の創業者一族)

森川金治(もりかわ かねはる)
栄治の父。森川製薬社長。

森川富治(もりかわ とみはる)
栄治の兄。

森川銀治(もりかわ ぎんじ)
栄治の叔父。金治の弟。ユーチューバー。

森川真梨子(もりかわ まりこ)
栄治の伯母。金治たちの姉。

森川定之(もりかわ さだゆき)
真梨子の夫。森川製薬専務。

森川拓未(もりかわ たくみ)
栄治のいとこで、定之の長男。

森川雪乃(もりかわ ゆきの)
拓未の妻。

森川紗英(もりかわ さえ)
栄治のいとこ。拓未の妹。

津々井先生(つつい せんせい)
金治の顧問弁護士。

平井真人(ひらい まさと)
森川製薬副社長。

原口朝陽(はらぐち あさひ)
栄治の担当看護師。

浜田先生(はまだ せんせい)
栄治の主治医。

村山権太(むらやま げんた)
栄治の顧問弁護士。

堂上先生(どうじょう せんせい)
獣医。栄治の愛犬バッカスの主治医。

堂上先生の妻。栄治の元カノの一人でもある。4

堂上亮(どうじょう りょう)
堂上夫妻の息子。5歳。麗子の関係者

剣持雅俊(けんもち まさとし)
麗子の兄。

優佳(ゆうか)
雅俊の婚約者。

剣持雅昭(けんもち まさあき)
麗子たちの父

剣持菜々子(けんもち ななこ)
麗子たちの母。

信夫(のぶお)
電子機器メーカーの研究開発職。

古川(ふるかわ)
法律事務所での麗子の1年後輩の男性。


 

 

タイトルとURLをコピーしました