""
新会社法

引受株式数の決定

株式会社・発起設立の場合を例に引受株式数の決定について解説します。まず、引受け株式数の決定は発起人が何株引受けるのか決めます。 出資金の払込み 発起人は引き受けた株式に対する金額を金融機関に払込ます。最低資本金の撤廃により、払込金額はい...
新会社法

発起人の決定

発起人の決定する 株式会社を作るには発起人が全株式を引き受ける発起設立と、そうではない募集設立があります。ここでは一般的な発起設立の場合を例に解説していきます。発起人とは会社設立の企画者として定款に署名する人の事です。 発起...
新会社法

LLPの新設

LLP(有限責任事業組合)とは? LLPとはリミテッド・ライアビリティー・パートナーシップの略で、有限責任事業組合のことです。新会社法成立により新しくつくられました。組合、といえば従来からありましたが、これは無限責任でした。 ...
新会社法

有限会社の廃止

有限会社が廃止 有限会社が廃止されます。新会社法の下では、新しく有限会社を作ることはできません。今ある有限会社は「株式会社」として、まとめられてしまいます。では、いまある有限会社はどうなるのでしょうか?次の2通りの道があります。 ...
新会社法

合同会社って何?

合同会社とは 合同会社とは、人的・有限責任社員からなる会社のことです。人的というのは、会社の信用が人そのものであることです。社員つまりは出資者(構成員)自ら経営に携わる関係のことをいいます。 これに対して物的というのは、会社...
新会社法

新会社法の内容

新会社法の施行 新会社法が施行になり、今までの会社法が改正されています。今回新たに作られた制度や規制等もあります。改正点は細かなものも含めてたくさんありますが、主なものは次の点です。 ■ 有限会社がなくなる■ 最低資...
タイトルとURLをコピーしました