""

「PICU」2話に登場した子役・リコちゃんって誰?

PICU 小児集中治療室


ドラマ「PICU」」についての考察記事です。一部ネタバレを含みますので、まだ観てない人はご注意下さいね。

弟の理玖(りく)かと思ったら

最初に火傷で搬送されてきた理玖(りく)君の症状が酷くて、今回は理玖くんが患者さん役なのかと思いました。

間違いではないのですが、実は姉の莉子(りこ)ちゃんも怪我を負っていて、今回のメインとなる患者さんは莉子ちゃんの方でした。

 

弟の火傷と共に莉子ちゃんも傷を負っていたのです。熱気によって声帯に傷を負ってしまう声帯熱傷です。

しっかり者すぎる莉子ちゃん

弟の火傷の原因は自分の火の不始末だと責任を感じる莉子ちゃんですが、自分も声帯熱傷を負い、辛かったはずなのに我慢してたんですね。弟の治療を優先させたかったのでしょう。

莉子ちゃんも怪我を負っているとわかってから、うまく声が出ないので筆談で自分の気持ちを伝えていました。

しこちゃん先生と筆談で話をするシーンで、「ごめんなさい」と伝えたのは偉いですね。自分だって怪我してるのに・・・。

 

合唱をやっている莉子ちゃんですが、ちゃんと元の声に戻るか心配です。「元の声に戻れるの?本当のこと教えて、お願い」なんて言われたら、誰だって心が揺れますよね。

 

本人には伏せておいてという母親との約束を破って、しこちゃん先生は本当のことを伝えてしまいました。

凄いと思ったのは、ここです。「本当のことを教えてくれて、ありがとう」

 

普通10歳の子供がここまで言うか?と思うくらいしっかりした子でした・・・。

「私のせいで、ごめんなさい」

事の成り行きを知った母親は、志子田先生をビンタします。まぁ、当然ですよね。下手すれば訴えられる案件だと、素人でも思います。

ですが、莉子ちゃんここでも凄いです。「ママに・・・怒られたでしょ。」「私のせいで、ごめんなさい。」

 

いやいや、普通ここまで言わないでしょっていうくらい、できたお子様でした。本当に10歳の子供でしょうか・・・?

 

最後、少し回復した自分の声で、そういった時は思わず、泣きそうになりましたね。。。

 

SNSでの評判は・・・?

良い評判がたくさんでした。そして、毎回考えさせられるドラマです。

ちゃんと、作り手側に誠意を感じるとか、子供の怪我のシーンは観ていて痛々しいけど、見届けなければいけないとか、そんな声がありました。

 

今回は亡くなるような怪我でなくて良かったです。ドラマとはいえ、子供の亡くなる姿は見てて辛いですからね・・・。

次回以降も、どういう展開になるのか楽しみですね。

 

姉の田中悠愛ちゃんも子役

田中乃愛ちゃんのお姉さんは、同じく子役で活躍している田中悠愛ちゃんです。姉妹で子役をやっているんですね。

田中 乃愛さんのプロフィール
0歳の頃から芸能活動を始め、赤ちゃんの頃はベネッセのVPに数多く出演。子役としてドラマ『僕のいた時間』(2014年)、『過保護のカホコ』『コウノドリ』『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(2017年)や『映画刀剣乱舞』(2019年)などの話題作に出演し、早くより「実力派」として存在感を発揮する。

2019年にはNHK連続テレビ小説『なつぞら』にて主人公の妹で清原果耶演じる奥原千遥の幼少期を演じて注目を集め、同年のBS時代劇『螢草 菜々の剣』では清原と共演。翌2020年にはNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で駒の幼少期を演じ、前年の『いだてん~東京オリムピック噺~』に続きNHK大河ドラマに2年連続出演。また同年の『エール』でNHK連続テレビ小説に2年連続で出演し、主人公夫妻の長女・古山華の幼少期を演じる

【主な出演作品】
【テレビドラマ】
コウノドリ、BS笑点ドラマスペシャル 桂歌丸、民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~、FINAL CUT、天才を育てた女房、声ガール! 、闇の伴走者?編集長の条件、警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~、主婦カツ!、いだてん~東京オリムピック噺~、麒麟がくる、鎌倉殿の13人、二つの祖国、おとうさんといっしょ、螢草 菜々の剣、FLY! BOYS, FLY! 僕たち、CAはじめました、赤ひげ2、ディア・ペイシェント~絆のカルテ~、監察医 朝顔、あなたのそばで明日が笑う、春の呪い、理想のオトコ

【映画】
ショートフィルム『美知の通勤電車』、映画『映画刀剣乱舞-継承-』、夏への扉ーキミのいる未来へー、竜とそばかすの姫

【プロフィール】
田中 乃愛(たなか のあ)
生年月日 2013年7月9日
出身 東京都
身長 121センチ
事務所 ワイケーエージェント

タイトルとURLをコピーしました