""

魔法のリノベ(第9話)みんなの感想

魔法のリノベ

第9話のあらすじ

互いの思いを伝えあった小梅(波瑠)と玄之介(間宮祥太朗)の間に、どこか甘い雰囲気が漂うなか、人気テレビ番組『グレートマミーと風まかせ7人兄弟』で注目を集める大家族から、リノベの依頼が舞い込む。当然、テレビカメラによる撮影も行われるため、メディアデビューだとはしゃぐ一同。しかし早速、母・珠江(池谷のぶえ)と7人の子供たちが暮らす真野家を内見した小梅と玄之介は、想像をはるかに超える乱雑ぶりに驚がく。小梅はがぜん闘志を燃やし、山登りの際に2人で訪れた「一休食堂」の案件は、ひとまず玄之介主導で進めることになる。ところが、玄之介から「一休食堂」の名を聞いた蔵之介(遠藤憲一)は顔色を変え、そこへ有川(原田泰造)が乗り込んでくる。再び真野家を訪れた小梅は、竜之介(吉野北人)が考えたプランを一家に提案するが、それをきっかけに、長女の樹愛留(じゅえる/宮﨑優)と次女の帝愛羅(てぃあら/駒井蓮)が大ゲンカ。帝愛羅は、家族の前で“ある秘密”を暴露してしまう・・・。<参照元 : 『魔法のリノベ』公式ホームページより>


 

有川の目的は?

小梅と玄之介いい感じですね、このまま付き合っちゃうんでしょうか。玄之介のメールにわかりやすく照れてる小梅、可愛いです。土地を売り渡さない一休食堂に説得に向かった久保寺は有川に店主の飛山がまるふく工務店にリノベを頼んだと報告しました。

 

人気テレビ番組『グレートマミーと風まかせ7人兄弟』で注目を集める大家族から、リノベの依頼が舞い込みます。母の珠江はいきなりリノベをすると言いだしてますけどど、うしたんでしょうか?

 

グレートマミーのリノベをすればまるふくが全国的に有名になりますね。

 

 

小梅と玄之介は真野家にやってきて乱雑な家を目の当たりにします。この家をリノベするのは大変そうです。テレビの撮影があるということで緊張してる小梅です。

 

アナーキーな家をリノベすると意気込む小梅、イライラしてます。有川がまるふくにやってきて一休食堂に営業をかけるのはやめてほしいと告げます。

 

有川の笑顔の裏に隠された狂気が怖い・・・。

ミコトと竜之介は見事なかませ犬でした。越後は小梅たちの恋愛相関図が気になるようです。リノベのことが嫌いな有川、小梅を誘って断られるとそこから小梅の人生が狂い始めます。有川が謝ると不幸なことが起きる、貧乏神か何かですか?有川が開けたパンドラの箱、中には蔵之介の過去が形となって現れます。

 

蔵之介の過去に何があるのか気になります。真野家の家族は大げんか、こんなことでリノベはうまくいくんですかね。

 

蔵之介は飛山に何をしたんでしょうか、相当怒ってました。蔵之介と有川はバディを組んで壮大なプロジェクトを完成させようとしています。壮絶な地上げのせいで飛山の父親が亡くなりました。

 

蔵之介はリノベに出会って人生をリノベしました、人は出会いで変わりますもんね。一休食堂を立ち退かせるために部下たちに命じてネガティブキャンペーンをしています、そこまでしますか?

 

 


 

大家族のリノベは成功する?

有川がどんどん怖くなってます。パンドラの箱の底には希望が眠っている、本当にそうですね。珠江にとって子供たちは自慢の家族です。小梅にとっても会社は自慢、そう思えることは幸せです。真野家の家族名前当てクイズ楽しそうです。

 

小梅と玄之介はリノベのアイデアを提示します。珠江は子供達のやりたいことをやれるように出演料を貯めておいたんですね、さすがグレートマミーです。

 

大家族リノベが決着してよかったです、次は一休食堂ですね。

飛山は玄之介の熱意に根負けしてプランを持ってこいと玄之介に言います。一休食堂の件はリスクが高ずぎると小梅は蔵之介に言いました。突然まるふくをやめると言い出す小梅、なぜ突然そんなことを言い出したのでしょう。

 

小梅はまるふくを去り、彼女の前に有川が現れます。有川が現れたってことは、嫌なことしか起きません!

 

まるふくをやめた小梅は?

第9話では、梅玄コンビ解散の危機で小梅はまるふくをやめて有川の元に行ってしまうのでしょうか?蔵之介は有川にリノベの素晴らしさを伝えようとします。次回はいよいよ最終回、お見逃しなく!

登場人物とキャスト一覧

真行寺小梅役/波瑠
福山玄之介役/間宮祥太朗
久保寺彰役/金子大地
福山竜之介役/吉野北人
春川ミコト役/SUMIRE
越後寿太郎役/本多力
三津井健人役/山下航平
福山進之介役/岩川晴
小笠原京子役/YOU
小出誠二役/近藤芳正
有川拓役/原田泰造
福山蔵之介役/遠藤憲一

 

タイトルとURLをコピーしました