""

新・信長公記(ドラマ)永瀬廉が降臨?

新・信長公記

戦国武将のクローンとは?

日下部みやびは銀杏高校の特進クラスに入学することになりました。いじめられた小学生を助けたが、みやびが織田信長の名前を出しても知らないと言います。この時代では明治以降の歴史の授業が廃止されています。

 

この時代には戦国オタクがいないということだね。みやびの丁寧すぎる喋り方、癖になる。

 

銀杏高校には織田信長、豊臣秀吉、伊達政宗、武田信玄、上杉謙信などの戦国武将のクローンが特進クラスにいます。

 

錚々たるメンバーのクローンが同じクラスにいるなんて信じられない!織田信長は特進クラスでも異彩を放っていますね、当然でしょうけど。

 

みやびは父親と同じ歴史学者になるために銀杏高校に通っているのですね。父親思いのええ子や。織田信長は早速本多忠勝を惚れさせました、これが信長のカリスマ性でしょうか。みやびは理事長に呼び出されて特進クラスにいるクラスメイトが全員戦国武将のクローンだと知ります。

 

みやびは海岸で信長が好きだったとされる敦盛を歌い、信長は思わず体が動きました。旗印戦が始まり武田信玄が205人の生徒と戦うことになりました。

 

この戦は井伊直政が仕組んだんだけど、武田はそんなこと全く気にしていません。武田信玄はトイレにこもって作戦を練っていますが、205人を倒す術は見つかるのでしょうか。

 

 

武田信玄、旗印戦に勝利か?

みやびは父親との約束で戦国武将のクローンのことを助けてほしいと頼まれます。父親のこの言葉は何を意味してるのでしょうか?みやびは織田信長に戦をとめてほしいと頼みますが信長はそんなに止めたきゃ自分で止めろと言うだけです。

 

信長はみやびに対して冷たい態度をとりますが、終盤で助けに行くのがヒーローってものです。武田信玄は205人を圧倒しますが、屋上に追い詰められます。その時、武田信玄は自分の旗を使ってにげました。

 

しかし、逃げた先には他校のヤンキーがいて挟み撃ちにされます。そこに、みやびと信長が助けに現れます。このシーンでみやび(山田杏奈さん)の歌唱するシーンが流れます。

 

山田杏奈さんて意外と歌上手いんだね。

 

信長はみやびの敦盛を聴き205人の生徒とヤンキーを華麗に一人で倒します。

 

このシーン、永瀬廉さんがまるで踊っているようでかっこよかった!

 

信長はみやびの「絶対は絶対にない」と言う言葉に血が滾ったとみやびに話します。その後、徳川家康が銀杏高校に現れて不敵な笑みを浮かべます。この数ヶ月後に、特進クラスの生徒が全員死ぬってどういうことですかね。

 

徳川家康登場で大波乱?

第2話では徳川家康の登場で特進クラスのメンバーに大波乱が巻き起こります。第2話でもみやびと信長の活躍に期待したいと思います。大河ドラマを観て戦国武将のことが大好きになりまして、信長や家康のことも好きになりました。

 

このドラマでも戦国武将がどれだけの活躍をするのか楽しみです。信長はみやびとどういう関係になっていくのでしょうか?みやびは信長のことが好きなのでしょうか?

 

みやびが銀杏高校に入学した理由とは?みやびは果たして父親と同じ歴史学者になることができるのか?第2話も期待して観たいと思います、楽しみにして待っています。

 


 

みんなの感想

 

第1話のあらすじ

ときは2122年4月。歴史学者を目指す歴史オタクの日下部みやび(山田杏奈)は、銀杏高校に入学する日を迎えていました。学校に向かう途中、いじめられている小学生を助けたみやびでした。小学生は「あんなに大勢じゃ絶対に勝てない」と漏らしていました。みやびは、「絶対は、絶対にございません」と戦国武将・織田信長の言葉で諭すが、小学生は織田信長を知りませんでした。この時代では、明治以前の歴史の授業は廃止されており、みやびのように歴史好きでない限り、信長の存在は知りようもないのでした。

登場人物とキャスト

永瀬廉(役:織田信長)
山田杏奈(役:日下部みやび)
満島真之介(役:武田信玄)
犬飼貴丈(役:上杉謙信)
三浦翔平(役:伊達政宗)
西畑大吾(役:羽柴秀吉)
阿部亮平(役:本多忠勝)
駿河太郎(役:井伊直政)
長田成哉(役:酒井忠次)
内藤秀一郎(役:榊原康政)
須賀健太(役:加藤清正)
濱田岳(役:黒田官兵衛)
柳俊太郎(役:竹中重治)
萩原利久(役:明智光秀)
松大航也(役:今川義元)
草野大成(役:龍造寺隆信)
片岡久道(役:毛利元就)
野村康太(役:前田利家)
田之倉雄太(役:真田幸村)
小澤征悦(役:徳川家康)

タイトルとURLをコピーしました