""

「親愛なる僕へ殺意をこめて」原作は漫画?あらすじやキャストは?

親愛なる僕へ殺意をこめて

この記事では、秋から始まる新ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」についての情報を書いています。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」原作は漫画?

ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」は、原作:井龍一さん、作画:伊藤翔太さんで、2018年から2019年まで、週刊ヤングマガジンで連載されていた漫画です。

その後、コミックDAYSに移籍し、2019年8月~2020年9月まで連載されていました。(余談ですが、この時期にヤンマガからコミックDAYSに移籍した作品は、新・信長公記など他にもあります)。

脚本家は岡田道尚さん、プロデューサーには、ミステリと言う勿れ、コンフィデンスマンJPシリーズなどを担当した草ヶ谷大輔さんです。

 

親愛なる僕へ殺意をこめての意味は?

連続殺人事件の犯人の息子というだけでも目を引く設定ですが、さらに二重人格でもある主人公。

親愛なる僕へというのは、まさにもう一人の人格である自分に向けたものでしょう。その後の「殺意を込めて」というのが気になりますね。少なくても互いの人格が良好ではないのは明らかです。

 

とはいえ、相反する二つの人格が、周囲を巻き込んでどのような影響を及ぼすのか興味深いですね。

あらすじ

「人生楽しんだもん勝ち。楽しければ、それでいい」と、毎日お気楽に過ごしている大学2年生・浦島エイジ(山田涼介)。周りからはお気楽に見えるエイジだが、彼の幼少期時代は決して明るいものではなかった。

それは、実の父親が“連続殺人事件の犯人”ということ。そのせいでエイジは少年時代に、酷いイジメや嫌がらせに遭っていた。恐ろしい“殺人鬼の息子”であることをひた隠しに生きてきたエイジだったが、そんなエイジにも愛する人の存在があった。

彼女の名は、雪村京香。京香と過ごしている時間だけは嫌なことを忘れられ、心から笑うことができた。しかしそんなある日、父親が起こした殺人事件と殺害方法が酷似した、凶悪で猟奇的な殺人事件が発生する……。

登場人物・キャスト

浦島 エイジ(うらしま エイジ):山田涼介(Hey! Say! JUMP)
B一(びーいち) / 八野衣 エイジ(はちのい エイジ)
雪村 京花(ゆきむら きょうか):門脇麦
真明寺 麗(しんみょうじ れい):
八野衣 真(はちのい まこと):早乙女太一
柏木(かしわぎ):
佐井 社(さい やしろ):尾上松也
白菱 正人(しらびし しょうと):佐野史郎
浦島 亀一(うらしま きいち):遠藤憲一
浦島 乙(うらしま おと):
畑中 葉子(はたなか ようこ):
桃井薫(ももい):桜井ユキ
猿渡 敬三(さるわたり けいぞう):髙嶋政宏

最終回はいつ?

初回放送日は2022年10月5日です。

最近のドラマ放映の傾向からいうと、8~10話くらいで完結するパターンが多いですが、10話で完結するとなると12月7日が最終話となります。

 

年末の特番スケジュールなどに合わせて早めに終えるのか、それとも2~3話くらい延長しても年内に終了できるスケジュールです。

 

最終回はどんな内容?

なんといっても事件の解決で終わるかなと思われます。連続殺人犯の息子という、特殊な環境で育った主人公。そして、もう一人の人格のB一(びーいち)。

父親の起こした事件を冤罪として独自に調査を進めるわけですが、その謎が解き明かされてラストを迎えるという結末でほぼ間違いないかなと思います。

 

この設定だけで早く本編が見たいと思わされますね。原作が漫画なので、先に漫画を読み進めてドラマとの描写の違いを楽しむのも面白いでしょう。

 

オープニング曲・エンディング曲・主題歌は?

主題歌は Hey! Say! JUMPの「ウラオモテ」です。

視聴率はどのくらい?

第1話 4.5%
第2話 3.5%
第3話 3.7%
第4話 3.6%

タイトルとURLをコピーしました