""

新・信長公記(ドラマ)キャスト永瀬廉演じる信長が凄い

キャスト

イメージとは違う信長のキャラ

原作を読む限り、信長は何を考えているのかわからないキャラです。永瀬廉さん自身もそれを意識して演じているようです。奇しくも信長と同じ左利きだというのも縁かもしれませんね。歴史というのは、戦いに勝った武将が自分に都合のよいように書いていくものだと言われていますが、織田信長の人物像というのも私たちが知っているようなものではなくて、真実はもっと違った人物なのかもしれません。ちなみに徳川家康もそうです。「鳴かぬなら、鳴かせて見せようほととぎす」などでも例えられてますが、原作ではこんなイメージではありません。これが本当に家康の性格なのか?と疑うほど、すごく凶暴で凶悪なキャラでした。他のクローン武将たちとも体格が一回り以上大きかったのも印象的です。

民放の連ドラでは初主演!

永瀬廉さんにとっては、連続ドラマ初の主演作品ですが、信長作品に出演するのは実は2度目なのです。2013年にKis-My-Ft2の玉森裕太さん主演の信長のシェフでドラマ初出演を果たします。この時演じたのは、信長の家臣になる森蘭丸役でした。

ドラマ内での役どころは?

新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~の主演を務めるのは、永瀬廉さん演じるのは織田信長です。一般的には極悪非道なイメージがあるかもしれませんが、ドラマではちょっと違います。普通、ドラマでの主人公は人に何かお願いされたりしたら行動する人が多いですよね。今回のドラマに出てくる信長は、そういった役柄ではなくて無欲で無気力。でも、信長なりに考えて行動を移すキャラです。

永瀬廉さんのプロフィール

1999年1月23日生まれ。みずがめ座、O型。東京都出身。King & Princeのメンバー。
他の出演作品
2019年ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)、2021年NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(NHK総合ほか)、2019年映画「うちの執事が言うことには」、2020年「弱虫ペダル」、2022年「真夜中乙女戦争」に主演。

新・信長公記のあらすじ

戦国武将のクローン高校生が終結するドラマ

歴史オタクのヒロイン・日下部みやび(山田杏奈)が入学したのは、戦国武将のクローン人間だったという面白い設定です。織田信長を演じる主演のking&Princeの永瀬簾をはじめ、豊臣秀吉(西畑大吾)、武田信玄(満島真之介)、伊達政宗(三浦翔平)、黒田官兵衛(濱田岳)、徳川家康(小澤征悦)など名だたる武将のクローン人間達が一同に集まります。学校の方針で、校内で一番強い人物を決める旗印戦が行われることになります。

主な登場人物とキャスト一覧

織田信長:永瀬廉(King & Prince)

日下部みやび:山田杏奈
豊臣秀吉: 西畑大吾(なにわ男子)
伊達政宗:三浦翔平
武田信玄:満島真之介
黒田官兵衛:濱田岳
徳川家康:小澤征悦
明智光秀:萩原利久
上杉謙信:犬飼貴丈

https://twitter.com/shincho_drama/status/1537540534952030208

原作者はライアーゲームと同じ人!

漫画の絵柄を見ればわかりますが、原作はライアーゲームと同じ原作者の甲斐谷忍さんです。ヤングマガジンで連載していたのですが、途中からコミックDAYSに移籍しました。コミックDAYSというのが、あまりコンビニなどではみかけない雑誌だったので、個人的には読まなくなってしまったのですが、続きが気になっていました。ちなみにタイトルの副題は、ドラマでは「~クラスメイトは戦国武将~」ですが、原作は「〜ノブナガくんと私〜」です。
脚本家は金沢知樹、伊達さんです。

タイトルとURLをコピーしました