""

新・信長公記第6話永瀬廉、小澤征悦と対決!

新・信長公記

第6話のあらすじ

「徳川家康(小澤征悦)を倒す」と書かれた旗印を手にする織田信長(永瀬廉)の元に、信長派の武将たちや、日下部みやび(山田杏奈)が集まっている。一人で戦うつもりだった信長に、伊達政宗(三浦翔平)は、これは団体戦である、と伝える。家康との戦い方を考える中、黒田官兵衛(濱田岳)は「最後の勝ちを得るにはどうしたらいいかを考えよ」と話す。PBB(ポイント倍々)作戦が再開され、武将たちが家康のポイントを抜く日が刻一刻と近づいていた。明智光秀(萩原利久)から、動かないのか?と聞かれた家康は、「あいつらを地獄にたたき落とす、最後の1ピースがまだ揃っていない」と答えて……。そんな中、ついに家康のポイントを抜くことに!その後、トレーニングルームでは、家康の元に、明智光秀(萩原利久)、竹中重治(柳俊太郎)、真田幸村(田野倉雄太)、今川義元(松大航也)が集結。1、2年生の96%を家康派に引き入れることができたという明智に、家康は「残りもすべからず、従わせろ」と命令!そして、ついに最後のピースが揃ったと話した家康は、「1時間以内に特進クラスの誰かを倒す」の旗印を提出。本多忠勝(阿部亮平)がやられてしまう。翌日、家康は再び同じ旗印を提出。今度は豊臣秀吉(西畑大吾)が倒れてしまい……!?<参照元 : 『新・信長公記』公式ホームページより>

 

 

家康を倒すには?

家康は激昂した後に冷静に信長たちをどうやって倒すかを考えます。感情の浮き沈みが激しいですね。直政と伊達は家康との戦いは団体戦だと信長に告げます。家康の理想の勝利は特進クラスを分裂させること、信長たちは仲間を信じて勝てばいいわけです。

 

信玄は俺は俺のやり方を貫くと言いました。地獄に叩き起こすピースって何なんでしょう?家康と信長の一騎打ちみたいな空気になってきました。信長は大将の器なのか、この戦いではっきりしそうです。自分で自分の才能には築けない、確かにそうですね。

 

みやびは信長に大将の器だと告げます。みやびは信長が天下統一を果たす人間だと知ってるからです。家康は人と思うな、剣や盾と思えと明智に言います。家康は信長たちのことを人とは思っていないようです。

 

ペリー、ジャンヌ・ダルク、秦の始皇帝みたいな人たち登場です。彼らもクローンなのでしょうか?

 

家康は特進クラスの誰かを倒すと旗印戦で申し込みました。誰かが狙われたら阻止する、団体戦っぽくなってきました。いよいよ家康との旗印戦が始まりました!家康の一派が特進クラスに攻めてきて本多がやられました。

 

本多は裏切り者にやられました、一体裏切り者は誰なんでしょう?

 

家康は特進クラスのみんなをバラバラにする作戦です。裏切り者がいると家康が明かすことで特進クラスの仲を裂こうということですな。今度は秀吉が気絶してます。誰が裏切り者かわからないと全滅です。

 

家康は雑魚の中に紛れて本多と秀吉を始末しました。家康は信長の襟に盗聴器を仕掛けました、用意周到な男です。家康は信長に旗印戦を申し込ませることが目的でした。信長を倒せば希望を失う、家康は全部わかっていたんです。

 


 

家康を倒せるか?

明智は裏切り者たちを説得して信長側につきました。明智はみやびに頼んで特進クラスのみんなに謝りました。明智は家康を倒す策を話し始めました。明智は信長にマイクを仕掛けたことも家康が本多と秀吉を倒したことも全て話します。

 

明智は手を取り合って戦う特進クラスのみんなに憧れていたんですね。裏切り者は如何あっても信じてもらえませんからね。

 

信長とみやびは明智のことを信じると言い、みんなも明智のことを信じると決めます。秀吉は2度と自分を裏切るなと明智に言いました、かっこいいです。みやびは信長が旗印戦を申し込んだような偽の動画を作って家康に見せて信じ込ませました。

 

特進クラスのみんなは家康に旗印戦を申し込みます。いよいよ信長と家康の対決が始まるんですね。上杉は武田に誰かのために戦ってみたらどうだと助言をします。上杉と武田はいいライバルです。武田は家康に決闘を申し込みます。武田は覚悟を決めたんですね。

 

家康は三方ヶ原の戦いで武田に負けています。そのリベンジといったところでしょうか?

 

家康は本当に強いです。「人は城、人は石垣、人は堀」武田信玄の有名な言葉です。この言葉は家康には一生わからないでしょう。武田は特進クラスのみんなの戦いを見て背中を押されたんです。人は一人では生きていけない、武田の言う通りかもしれません。武田は家康に倒されましたが家康にダメージを負わせます。

 

武田は勝てないとわかっている家康に戦いを挑んで家康の足を削ることに全神経を集中させました。武田信玄がこんなに仲間思いだったとは、意外です。信長は武田の思いを受け継ぎ城を築くことを決めます。信長と家康は時代を超えて激突します。

 

信長と家康の戦いの行方

第7話では、ペリー、ジャンヌ・ダルク、始皇帝の登場でさらに波乱の予感です。信長はみやびを助けるために動き始めます。第7話もお見逃しなく!

 

登場人物とキャスト一覧

永瀬廉(役:織田信長)
山田杏奈(役:日下部みやび)
満島真之介(役:武田信玄)
犬飼貴丈(役:上杉謙信)
三浦翔平(役:伊達政宗)
西畑大吾(役:羽柴秀吉)
阿部亮平(役:本多忠勝)
駿河太郎(役:井伊直政)
長田成哉(役:酒井忠次)
内藤秀一郎(役:榊原康政)
須賀健太(役:加藤清正)
濱田岳(役:黒田官兵衛)
柳俊太郎(役:竹中重治)
萩原利久(役:明智光秀)
松大航也(役:今川義元)
草野大成(役:龍造寺隆信)
片岡久道(役:毛利元就)
野村康太(役:前田利家)
田之倉雄太(役:真田幸村)
小澤征悦(役:徳川家康)

 

タイトルとURLをコピーしました