""

テッパチ!(第10話)みんなの感想

テッパチ!

テッパチ!第10話のあらすじ

国生宙(町田)は、馬場良成(佐野)や風間速人(工藤阿須加)ら班の仲間とともに、広報活動の一環として、テレビのお見合い番組に出演することになった。番組収録の日、南関東駐屯地の体育館に20人の女性たちが集まり、収録がスタートした。馬場は、真面目で清楚な雰囲気の女性・葵(矢作穂香)と良い雰囲気になる。一方、宙もギャルっぽい女性と麻雀の話で盛り上がり、意気投合。少し離れた場所から収録の様子を見守っていた桜間冬美(白石麻衣)は、なぜか宙たちのことが気になってしまう。後片付けで2人きりになった宙と冬美。ギクシャクした雰囲気の中で宙は「音楽隊を目指している馬場を本気で応援している」と真剣に告げて立ち去る。その言葉が胸に刺さった冬美は、馬場にチャンスを与えようと動き、音楽隊のオーディションを受けられるように手配する。何としてでも合格したいと頑張る馬場を、宙は心から応援するが…。参照元:Yahooニュース

 

 

お見合い番組開催!

宙と馬場、それぞれにこの先が見えてきて何となくいい雰囲気のなか自衛隊の活動を知ってもらう為にお見合い番組に出演。このあと起こる事の静けさというか柔らかい雰囲気にまずはほっこりするシーンです。

 

馬場は葵と言う雰囲気ピッタリの女性トマッチングしいい感じ。

 

宙は同じ様なノリのギャル風女子と話が合ってました。しかし横で見てた桜間の機嫌が何だか悪く、宙に怒ってるところとそれを見て少し慌てる宙も2人とも可愛くてこの回一番好きなところですね。

 

あ、もう宙を完全に意識してるなと言う桜間の女の子の一面を見れて得した気分です。

 

宙が連絡先交換していないと知るとホッとする桜間にかなり悶絶しそうですね!馬場もまた当然のように葵から連絡先交換を求められ2人ともやはり順調な滑り出しで良かったです。

 

 


 

音楽隊への僅かな道のり

良い感じの宙と桜間でしたが、桜間が馬場の音楽隊の話に触れます。ここで馬場が自衛隊に向いてないかもと発言する桜間。先日の宙との現場作業にて、メンタル的に馬場は優しすぎて無理ではないかと指摘しますが宙はこれに反論。

 

あいつは大丈夫だと言い張る宙と桜間は微妙な雰囲気となります。少し緊張のシーンでした。

 

しかし思い直した桜間は馬場が音楽隊を受験するチャンスを作りました。そこまで言うなら目指してみたらいいと。ここで宙と桜間の関係は元通りとなりホッとするところでした。

 

ずっとなりたかった音楽隊への受験を聞かされた馬場はもちろん喜び準備します。万全の体制で迎えた当日、一度だけ会った葵から助けて欲しいと電話が入りました。このチャンスを逃したら次はないかもしれない、そう思いながらも優しい馬場はとうとう受験を放り出して葵の元へ向かってしまいます。

 

観てて、とても心配になるシーンでした。本当にいいのか!と言いたくなりましたね。

 

物語は絶望的な展開に!

葵の元に駆けつけてしまった馬場ですが宙もまた自分がやった事に向き合う為に芝山のところへ行きます。彼が前を向いてリハビリしていると聞いて芝山の役に立ちそうな資料をかき集めて向かいますが、芝山から受けたものは罵声。

 

スポンサーも降りられてしまい、選手としてもう終わったかもしれないと宙にその怒りをぶちまけます。しょんぼりと帰路についた宙ですが夕方になっても馬場が戻ってないと聞きました。

 

確かに受験会場に行ったはずと馬場の自宅に向かった宙が見たのは大量に薬を飲み倒れてる馬場。衝撃のシーンでしたね。

 

実は葵は男性達と呑みながら馬場が呼んだら来てくれるかどうかの賭けをしていました。笑いながら、必死の馬場が来ても悪びれる事なくもう受験もパアだと絶望し馬場は応援してくれたみんなにも申し訳ないと衝動的に行ったのです。

 

せっかくのチャンスをふいにしてしまった馬場に宙も声をかけることが出来ず、何と馬場はそのまま退職願を提出。

 

皮肉にも最悪な形で桜間の予感が的中してしまいかなりムカムカするシーンですね。

 

登場人物・キャスト

国生宙(町田啓太)
馬場良成(佐野勇斗)
桜間冬美(白石麻衣)
八女純一(北村一輝)
大木隆之(久保田悠来)
金子慎也(桐山漣)
風間速人(工藤阿須加)
野村晴樹(結木滉星)
西健太(藤岡真威人)
葵(矢作穂香)

 

タイトルとURLをコピーしました