""

テッパチ!(第9話)みんなの感想

テッパチ!

第9話のあらすじ

国生宙(町田)と馬場良成(佐野)は、先輩自衛官の風間速人(工藤阿須加)から合コンに誘われる。金子慎也(桐山漣)、大木隆之(久保田悠来)、野村晴樹(結木滉星)、馬場から声をかけられた西健太(藤岡真威人)の7人が参加した合コンの相手は、エステティシャンだという女性たちだった。そこでもモテ男ぶりを発揮した風間は、女性の相手があまり得意ではない大木をネタにするなどして場を盛り上げる。あくる日、大木は、風間が宙や馬場に「あの人は終わっている」などと大木のことを話しているのを聞いてしまう。すると大木は、しばらく何かを考え、一人ずつ面接を行うと言い出す。班長として部下のことを知る必要がある、というのだ。風間と面接した大木は、休日の度に女性と遊んでいることを注意した。だが風間は「僕がうらやましいんですか?」と返すと、勝手に面接を切り上げて部屋を出て行ってしまう。そんな折、宙は桜間冬美1尉(白石麻衣)から突然の呼び出しを受け、ある提案をされる。馬場もまた八女純一3佐(北村一輝)から電話を受け、ある提案をされる。参照元:朝日新聞デジタルマガジン

 

 

汗臭い男達に訪れる合コン!

相変わらずの厳しい訓練をする宙達でしたが先輩達の頑張りで何とかやっていけてます。イケメンの風間は余裕を見せながらソツなく訓練をこなし女の子にも手を抜かない様子。

 

そんな風間からもらった合コンの話となり、西も呼び開催する事になります。合コン当日、何だかこちらまでドキドキして女性陣を待っていましたが7人くるはずが3人。

 

少し拍子抜けするものの王様ゲームなどをしてる宙達が楽しそうな一連のシーン。

 

そこで風間が王様となりある女性から大木へのハグを命令。女性慣れしていない大木は緊張でカチカチになっていました。楽しく合コンを終え基地に戻った面々ですが何だか風間の態度が大きい。

 

大木が心配しても女慣れしてない大木を茶化すかの様に風間は悪態をつきます。そんな風間でしたが、ある時警務隊を出入りしていると言う噂を聞くことになりました。

 

不穏な影が見え始めるシーンです。

 

 

見え始めたそれぞれの夢

大木からラグビーをやらないのかとストレートに聞かれてもやらないと答えた宙。しかし桜間から芝山の話を聞くことになります。謝罪に行っても許してくれることはない彼ですが、夢を諦めずリハビリを頑張ってると聞きました。

 

そんな宙の中で変化が見え始めます。そしてラグビーから逃げてると指摘され、桜間からラグビー観戦に誘われる事になる宙。

 

半分不純な動機とはいえラグビーに自分から近づく宙の変化に注目です。

また馬場のもとには八女が来て音楽隊の話をされる事に。殆どが音大出身者の狭き門ですが、知り合いがやってるのを見に来るかと言われます。

 

そこで見た先輩はとてもかっこよく見え、ますます目指したくなる馬場でした。宙はルールをよく知らないと言う桜間にラグビーの事を教えますがその表情は楽しそう。

 

わざと質問したかもしれませんが、桜間上手いなと思わせる良いシーンですね。

また大木の方は一人で呑んでると先日の合コンの女性がみんながたむろしてるこの店に風間を探しに来ます。

風間の本当の目的!

合コンの女性は大木に風間と連絡がつかない事を愚痴ります。夕方になると宙も桜間と帰ってきますが、別れ際何だかデート帰りみたいでちょっと良い雰囲気に。しかし邪魔が入り中断となりますが、大木が風間に怒りを見せます。

 

何で連絡くらい返してやらないだと言いながらも風間は悪態をつき相手にせず。納得いかない大木に桜間が二人で話そうと提案。聞けば大木はいつ自分の身がどうなるか分からないとか家にいられないなどで自身の結婚などは考えてないとの事。

 

桜間曰くそれは風間も同じなのではと言います。警務隊の件も話す大木に自分の目で確かめればと言う桜間。こっそり見に行くと何と必死で柔道場に通う風間の姿があります。

 

ここで今までの誤解を改めさせられるシーンは良かったですね。

風間はある特別部隊に入るために強くならなければいけず、ずっと鍛えていたとの事。ここからいなくなるという風間に少しさみしいと言う大木。

 

いつものようにみんなで楽しく呑むのが雨降って地固まるで気持ち良いシーンでした。

登場人物・キャスト

国生宙(町田啓太)
馬場良成(佐野勇斗)
桜間冬美(白石麻衣)
八女純一(北村一輝)
大木隆之(久保田悠来)
金子慎也(桐山漣)
風間速人(工藤阿須加)
野村晴樹(結木滉星)
西健太(藤岡真威人)
石井春菜(工藤美桜)

 

タイトルとURLをコピーしました