""

ちむどんどん山田裕貴も共感する良子と博夫の会話

キャスト


NHKの朝ドラ「ちむどんどん」の27話の内容が視聴者の共感を読んでいます。

ちむどんどん27話ってどんな内容だったの?

主人公は暢子(黒島結菜)なのですが、その姉の良子(川口春奈)の恋について、良子が学生時代から思いを寄せている博夫(山田裕貴)のやりとりです。実は、良子は裕福な家の跡取りである製糖工場の息子・嘉納金吾(渡辺大知)から思いを寄せられているのです。そして、同僚の里見(松田るか)が婚約したという話から、お金のための結婚について語ります。

 

良子と博夫の会話のやりとり

博夫:「結婚は家と家の経済的な結びつきという面もある。ある程度打算的な決断をしたとしてもそれを頭ごなしに批判することはできないよ」

良子:「もしわたしが、家族のために打算的な結婚をするといっても?」

博夫:「それは、君が望むなら」

良子:「反対しないんですか?」

博夫:「君自身の、人生の重大な決断を下すのは、君しかいない」

博夫:「・・・そうだろ?」

良子:「・・・そうですね」

この一連のやりとりです。相手を思うが故の切ないやりとり。ネット上では、「欲しい言葉はそれじゃない!」「止めてほしいんだよ?」などと、女心への共感を求める博夫へのコメントが数多く寄せられている一方、良子には、「回りくどい言い方をする良子。自分の気持ちをはっきり言わないと!」とのメッセージも寄せられていました。

 

山田裕貴さんも「共感してしまう」とツイート

 

良子は長女でしっかり者

川口春奈さん演じる良子は4人兄弟の中では長女で、すごいしっかり者。責任感も正義感も強い女性という役柄です。その一方、恋などの年頃の女性ならではの悩みも抱えているキャラです。朝ドラへの出演は今回が初めてだという川口春奈さん。出演者が多く、最初はとても緊張していたそうですが、撮影が進むにつれてだんだん周囲と打ち解けていったそうです。

他の兄妹役である、黒島結菜さん、竜星涼さん、上白石萌歌さんたちと沖縄のホテルで食事をし、いろんなお話をしたそうです。川口さん自身は三姉妹の末っ子として育ち、姉たちとは10歳くらい離れていたため、みんなに可愛がられて育ったという。長崎県出身ですが、沖縄の言葉は全然違い、初めて聞く言葉やイントネーションの違い、音のリズム感がつかめないことがあったのだそう。

 

暢子が上京して住んだ横浜市鶴見区って?

横浜市鶴見区は横浜の沖縄タウンとも呼ばれており、昭和初期に多くの沖縄県出身者が食を求めて住んできた場所です。ドラマでは、上京した暢子が県人会の会長・平良三郎(片岡鶴太郎)に助けられて、この場所に住みました。ちなみに2022年5月15日は沖縄復帰50年の年です。

【仲通】
島雑貨と沖縄そば てぃんがーら
神奈川県横浜市鶴見区仲通3-74-14
沖縄物産センターの自社製麺を使用した沖縄そばが味わえます。やちむん(焼き物)や琉球ガラス、赤絵の四角小皿などの島雑貨の販売しています。

レストラン エルボスケ
神奈川県横浜市鶴見区仲通1-55-5
沖縄生まれボリビア育ちという女将がお店を切り盛りしている、沖縄とボリビアのおいしさが融合したレストランです。タコライスやボリビアの伝統的なパイ包みが人気です。また、エンパナダ・ミクストという、パイ生地でタコライスの具を包んだオリジナルメニューもあります。

【鶴見駅前】
沖縄料理 ななまかい
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-18-2 徳永ビル1F
沖縄料理が食べれる居酒屋で不定期に沖縄民謡や三味線バンドのライブが行われています。

沖縄ダイニング Rakuchin
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-6-11-2F
カラオケやダーツも楽しめるダイニングバーで、本場の沖縄料理ごーやーちゃんぷるーや生オリオンビール、各種銘柄の泡盛も飲むことができます。

 

東京にもある沖縄タウン

東京でも沖縄の料理や、お酒などを購入できる場所があります。それが杉並区の代田橋にある和泉明店街です。

【杉並区】
沖縄ダイニング 島のれん
東京都杉並区和泉1-3-6
本場沖縄料理と創作料理が売りのお店。甘辛く煮たソーキ(スペアリブ)を沖縄の天ぷらにした創作料理である、なんこつソーキの天ぷらは人気です。

てぃんさぐぬ花
東京都杉並区和泉1-3-15 大都市場
産地直送の食材を使用した沖縄料理が味わえます。田芋(ターンム)を使った琉球の伝統料理に衣をつけてあげた、どぅる天が人気です。仕込みをするのに手間がかかるため、沖縄でもなかなかたべられない一品です。

沖縄物産展 いじゅん
東京都杉並区和泉1-3-17
やんばる産シ-クワーサー100や、紅いもタルト、ブルーシールのアイスからお菓子、調味料など沖縄の商品を扱っています。

片桐酒店
東京都杉並区和泉1-3-17
琉球泡盛ちむどんどん、やんばる全12酒造所ブレンド酒 いちゃゆんなど、泡盛からメイドのラム酒など沖縄でも希少な古酒が手に入ります。

タイトルとURLをコピーしました